« 荒川自然公園 | トップページ | 散歩と買い物 »

出張

海外出張を繰り返すうちに思ったことがあります。「座って半畳、寝て一畳。」どんなホテルに泊まっても、自分が使うスペースなんてこんなものです。荷物はバゲージにつめた衣類と、ショルダーバッグに入れたパソコンといくばくかの小物類や本。これだけで十分生活できる。ある時、たまたまシンガポールの高級ホテルのとても広い部屋に宿泊しました。その時の仕事は結構大変で、早朝ホテルを出て、帰るのは深夜零時をこえる生活。最終日の朝、チェックアウトしようと思って荷物を整理し、部屋のカーテンを開けると、大きなバルコニーがあって、街を一望する景色。夜中にチェックインしたので、それから一度も外を見ていなかったのです。人間ってこんなものかと妙な感慨がありました。立派なホテルの部屋もその時の私にとっては殆ど意味が無かった。私が町屋に狭いながらも小さな住居を手に入れたのは、このような経験からです。東京の中心部に近い所に住む。しかも町屋の駅を降りれば、狭い路地裏に下町のぬくもりを感じる。そんな居心地のよさを楽しんでいます。

|
|

« 荒川自然公園 | トップページ | 散歩と買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/6489083

この記事へのトラックバック一覧です: 出張:

« 荒川自然公園 | トップページ | 散歩と買い物 »