« 父の日 | トップページ | 中国語 »

上海の結婚式

上海に勤務していた4年半の間に10回以上、上海採用の社員の結婚式によばれました。上海の裕福な人の結婚式は、事前に公園等でタキシードとウェディングドレスで写真をとってアルバムを作るのが人気です。会社の前の陸家嘴の緑地(大きな公園です)ではも、週末ともなると、何組ものカップルがあちらこちらで撮影をしています。式の当日は、指定された時間から大体30分から1時間は遅く始まります。台北などでは、一部のお客さんが麻雀をしながら、いつ始まったのか、いつ終わるのか分からないような披露宴がとり行われると聞いたことがありますが、上海では、せいぜいこの程度の遅れで比較的整然と披露宴が進んでいました。ただ、一流ホテルでも、お客さんがほぼ座った時間に、カップル入場のアーチを大道具さん(?)がトンカチ作っていたり、テーブルにおかれたメニューがどうも違うので、確認したら、隣の披露宴のメニューだったりと、結構おおざっぱでした。「この感覚のカルチャーの中で仕事をしているんだから、日本スタンダードで本社からいろいろ言われてもなあ」と、同僚といつもグチっていた次第です。披露宴自体は、おおよそ日本の結婚式に似ていると思いますが、挨拶やもろもろのセレモニーは、披露宴の最初に集中して行われ、後はテーブル(中華式に10人程度の丸テーブルが多い)ごとに勝手きままに料理を食べて、三々五々解散という感じです。服装も皆普段着です。日本のように、ダークスーツに白ネクタイはお葬式の服となりますので、要注意です。ホテルで披露宴が多いのですが、何故か一度も同じホテルによばれたことが無かったです。あらかじめまわりの情報を確認しているのでしょうか。私自身は中国語があまり分からないので、楽な時間ではありませんでしたが、それでもおめでたい華やかな席ですので、思い出に残るものでした。最初のころは一人で出かけていましたが、途中から家内と一緒に出席しました。会社の人達も、その方が親近感を持ってくれたように思います。

|
|

« 父の日 | トップページ | 中国語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/6808110

この記事へのトラックバック一覧です: 上海の結婚式:

« 父の日 | トップページ | 中国語 »