« 臭豆腐 | トップページ | シンプルライフ »

中日辞典

2002年、仕事の都合でシンガポールに1ヶ月程出張していました。3月25日は、町屋の家に引っ越してちょうど1年目だったのですが、朝、本社より電話があり、急遽中国に赴任することになりました。それから日本に滞在していたのは10日あまり。その間に健康診断やら荷造りやら家をリロケーションサービスに出す段取りやらで嵐のように準備を進めたのですが、中国語に関しては全く何も考えずに上海に渡りました。現地で、同僚にどの辞書がいいのかを聞いて、小学館の日中、中日辞典が最もスタンダードと聞き、さっそく購入しました。が、中日辞典の引き方が最初よく分からず困りました。中国語はピンインとよばれる発音記号があって、それが分かれば一番引きやすいのですが、分からない場合は、画数とか偏と旁で引くことになりますが、これが結構大変。ピンインの場合も、同じピンインに対応する漢字が山のようにあるので、これもまた楽ではありません。ともあれ、中国語はやはり音をよく覚えるのが大事なようです。四声が大事といわれて、最初は四声の練習ばかりやらされるのですが、これもどうかなと最近思っています。一つの漢字を見て、この四声は何だったっけと神経質になると、なかなか前に進みません。単語の発音を丸ごと覚えていくうちに、結果的にだんだんそれなりの四声になっているような気がします。特に上海は一般的に上海語が話されていて、普通語の会話でも四声については北京ほど明確でないような印象がありました(よく分かりませんが)。日本人はなまじ漢字を知っているので、他の言語の学習とはちょっと感じが違いますが、基本はやはり音かなという気がします。

|
|

« 臭豆腐 | トップページ | シンプルライフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/6883731

この記事へのトラックバック一覧です: 中日辞典:

« 臭豆腐 | トップページ | シンプルライフ »