« 江戸時代 | トップページ | 路上駐車禁止 »

崇洋媚外

日本の国全体が第二次世界大戦に敗戦して以来、崇洋媚外になってしまったように思います。それが国際化と勘違いするのがインテリと言われている人には多いです。しかし、一転アジアに目を向ければ、ものすごいうねりのパワーの中で、日本がいかにアジアの中でしっかりとした軸足を持った立ち居振る舞いをしなければいけないかということがよく分かります。そもそも欧米人を、よく観察してみれば、結構疲れている人も多いし、無礼な人間、汚らしい人間も相当多いです。それに気づかず、いまだに東洋人を見下しているような化石のような欧米人もいます。2004年は自衛隊がサマワに行きました。日本も急速に変わろうとしています。私たちは、ここでしっかりと、自分の「拠って立つ所」をしっかりと持っておかなければいけないなと思うのです。

|
|

« 江戸時代 | トップページ | 路上駐車禁止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/6987944

この記事へのトラックバック一覧です: 崇洋媚外:

« 江戸時代 | トップページ | 路上駐車禁止 »