« 路上駐車禁止 | トップページ | 記憶 »

地球温暖化

文芸春秋7月号からの引用です。「・・北極は、陸地がなく全て氷の塊である。『水に浮いている氷』が融けても水面の高さが変わらないことは、コップの水に氷りを浮かべて観察すれば分かる。中学一年で習った『アルキメデスの原理(浮力の原理)』を思い出してみよう。氷が浮くのは、水よりも同じ体積の氷の方が軽いからだ。氷が融けると体積が小さくなり、ちょうど海水面の上に顔を出している部分がなくなる計算になる。・・・南極の場合は、大陸が氷が覆っているため様々な要因があるのだが、まず言えることは、温暖化によって海水の温度が上がれば、より多くの水蒸気が発生し、それは雪となって南極に降り積もる。単純化して言えば、温暖化によって南極の氷は増えるのである。・・・」(武田邦彦氏「『不都合な真実』主犯は米国だ」より)

|
|

« 路上駐車禁止 | トップページ | 記憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/6993141

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化:

« 路上駐車禁止 | トップページ | 記憶 »