« 表と裏 | トップページ | 笑顔 »

中国と日本

【北京12日時事】中国中央テレビ(電子版)は12日までに、北京市朝陽区の一部露店で、段ボールとひき肉を混ぜて具にした「偽装肉まん」が違法に販売されていたと報じた。販売業者は同テレビの取材に対し「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げるために行っている。自分では食べない」と証言した。
 日本ではひき肉偽装事件が発覚したが、北京市当局は段ボールを使った偽装肉まんは極めて悪質なケースだとして、違法加工拠点に対する取り締まりを進めている。
 問題の肉まんは、使用済みの段ボールを劇物のカセイソーダに浸して黒っぽくした上で、粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。段ボールとひき肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないという。

再生紙である段ボール、それも中国の段ボールを劇薬でとかしたものをひき肉に混ぜているといいます。ここでは焦点があたっていませんが、おそらく、このひき肉も何の肉か分かりません。中国では、マントウを0.7元(約10円)くらいであちこちで売っていて、朝食に買って食べる人等も多かったですが、こんなこともあったんだと改めて驚きました。

日本のミートホープのひき肉偽装事件と、中国の段ボール肉まんの事件。中国と日本の違いを知るうえで、感覚的に分かりやすい事例がほぼ同時に起きたなと思いました。

もう一つ別の観点で言うと、中国のこのような事件が外国にも流れるということは、中国も変わったなという感覚も一方であります。

|
|

« 表と裏 | トップページ | 笑顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/7135983

この記事へのトラックバック一覧です: 中国と日本:

« 表と裏 | トップページ | 笑顔 »