« BMI | トップページ | 朝顔 »

韓国の自殺率

朝鮮日報記事より・・・

生活苦や就職失敗で挫折した20代から30代の自殺が急増し、韓国の自殺率が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で1位を記録した。
 18 日、統計庁は「昨年の全体の死亡者24万5511人のうち、自殺による死亡が1万2047人で、がん(6万5479人)、脳血管疾患(3万1297人)、 心臓疾患(1万9288人)に続いて4位を記録した」と発表した。昨年、1日当り33人が自ら命を絶った計算になる数字だ。
 1995年に自殺した人は4840人で死亡原因の9位だったが、交通事故、肝臓疾患、糖尿病などを抜き、10年で五つも順位を上げたのだ。
 自殺者数はアジア通貨危機の直後である1998年に8569人まで急増したが、再び減少傾向を見せた後、2001年以降に急激な勢いで増加する傾向を見せている。
 OECDを基準とした場合、昨年の韓国の自殺率は人口10万人当たり24.7人でハンガリー(22.6人)、日本(20.3人)などを抜き、OECD加盟国で最も高かった。
 特に、失業、貧困などにより、20代から30代の自殺が大きく増えていることが調査の結果分かった。10年前の20代と30代の自殺率は10万人 当りそれぞれ12.2人(死亡原因2位)と12.5人(4位)にとどまっていたが、昨年は17.7人と21.8人に増え、この世代の死亡原因で1位を記録 した。昨年の20代から30代の自殺者数は3292人で、2004年より375人増えている。
 韓国保険社会研究院のソ・ドンウ研究委員(精神科専門医)は「景気の停滞が長期化し、貧困層に転落した人々が賭博、カード負債などの家計破たんを来し、自殺が急増した」と語った。

チョン・ヘジョン記者


日本の自殺率を韓国が上回ったという記事ですが、日本自体はあいかわらず高い数字であることに変わりはありません。他の国を見ると、ロシアの自殺率は日本、韓国をはるかに上回るものすごく高い数字です。

「米国、英国、カナダ、オーストラリアといったプロテスタント国、及びイタリアは、・・・比較的低い自殺率水準で推移している。米国は自殺率が低い反面、ほとんど自殺行為ともいうべき極端な肥満によって多くの人間が命を落としている・・」という分析もあります。

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2774.html 

|
|

« BMI | トップページ | 朝顔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/7666069

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の自殺率:

« BMI | トップページ | 朝顔 »