« 物づくりニッポン | トップページ | 風土 »

色とりどり

ソウルの旅行で思い出したことがいくつかあります。
一つは色彩感覚の感覚の違いです。たとえば建物の細部の色あざやかな装飾にみられる色彩感覚は、新鮮な感じがして、文化の違いを感じさせるものでした。この部分、私の「懸案事項」の一つになっています。もう少し深く踏み込んでいきたい分野の一つです。
ちなみに、泊まった宿はインターネットで予約した格安宿だったのですが、水がカルキのにおいがものすごく強くてビックリしました。蛇口やシンクがカルキの乾燥したツブツブがうず高く積みあがってました。当日は、たまたま何かのお祭りのような集いが隣の広場であって、若者が何百人も集まって、フォークソングのような歌を歌って踊っていました。そのパワーにも「これは何なんだろうな」と思ったのを覚えています。
水については、先日出張で泊まったホテルではさすがにそんなことはありませんでしたので、その施設固有の問題だったのかもしれません。あるいはその後急速に改善されているのか・・・。
もう一つ印象的だったのは、夕方雨がザーっと降ってきたのですが、アッという間に歩道のあちらこちらに大きな水たまりができたことでした。普段何気なく見ている道路ですが、仕上げの良し悪しでこんなに違うんだと改めて思いました。
水といい、道路といい、社会インフラというのは、毎日の生活の中では空気のようなものですが(この表現自体が最近は危ういものになってきましたが)、私たちが快適な生活を営むためにどれだけの社会資本と努力が投入されているかについても、ちょっと思いをはせた旅行でした。

|
|

« 物づくりニッポン | トップページ | 風土 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/7595581

この記事へのトラックバック一覧です: 色とりどり:

« 物づくりニッポン | トップページ | 風土 »