« アンサンブル | トップページ | トライアルアンドエラー »

推薦図書

私の推薦する10冊とか100冊とかいった記事が時々雑誌などにのります。
自分自身で推薦できる本って何だろうなと思います。その時々が違ってくると思いますが、メモしておくのも一興だと思います。気分が変わればまた差し替えすることにして、その時々の自分なりの推薦図書を書き留めておきたいと思います。多分、しばしば書き換えていると思いますが、いつも手許において、自分のバランス感覚を取り戻すためにまた頁を開いてみるための本という意味で、まずはこんなところから・・・

高島俊男 「漢字と日本人」 文春新書
谷沢永一 「人間通」 新潮選書
渡部昇一 「わたしの人生観、歴史観」 PHP
曽野綾子 「二十一世紀への手紙」 集英社
日下公人 「男性的日本へ」 PHP
G.K.チェスタトン 「正当とは何か」 春秋社
種田山頭火「定本 種田山頭火 句集」 弥生書房
吉行淳之介編「酔っ払い読本」 講談社
久保博正「絵とき版 これならわかる簿記・経理」 日本実業出版社

|
|

« アンサンブル | トップページ | トライアルアンドエラー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/7873989

この記事へのトラックバック一覧です: 推薦図書:

« アンサンブル | トップページ | トライアルアンドエラー »