« 一元論と多元論 | トップページ | お天気 »

ウィルキンズ・ミコーバー

小説の中の登場人物で記憶に残るキャラクターが時々いる。
チャールズ・ディケンズの「デイヴィッド・コパフィールド」に登場するミコーバーもその中の一人だ。とんでもない逆境にあえいでいる中でも陽気な気分を忘れない人間。脇役ながら私を勇気づけてくれるありがたいキャラクターだ。

|
|

« 一元論と多元論 | トップページ | お天気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/7779641

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルキンズ・ミコーバー:

« 一元論と多元論 | トップページ | お天気 »