« 無錫 | トップページ | チーズかまぼこ »

サブプライムローン

サブプライムローンの影響が心配されています。
債権が切り売りされて、どこの誰に渡っているのかさえ分からない状況になっているのでしょう。債権流動化が金融機関の業務の中でも花形のように言われていますが、実際はリスク管理の仕組みが追いついていないことがよく分かります。サブプライムローンによる損失額がいくらと騒がれていますが、その審査体制や債権管理のレベルを問う議論は、報道されていないだけかもしれませんが聞いたことがありません。
80年代終わりから90年代初頭にロスアンゼルスで仕事をしていましたが、折りしもバブルが崩壊して、日本の銀行が軒並み不動産の不良債権に苦しんでいました。当時の様子を観察していると、日本人が大金を投じて建築したビルや住宅が、プロジェクトの破綻により競売に出され、ただ同然の価格で第三者に渡っていったものです。その中でも中国人がキャッシュを持ち込んで買い叩いていたのが印象的でした。ビルは日本に持ち帰るわけにいきませんから、アメリカ人が結局利用することになる。債権は中国人に渡る。ということで、日本人は結局「ババを引いてお終い」という構図です。(これらの資金が日本の社会資本の充実のために向けられていたらなあといつも思うのです。ドブに金を捨てたようなものです。)一方で、いわゆるプロジェクトローンですから、当初のプロジェクトを立ち上げた張本人達は、自分達の財産には火の粉がかからないような契約条件の中で、プロジェクトが破綻しても涼しい顔で優雅な生活です。
サブプライムローンの話を聞いていると、相変わらずやってるなという気がします。世界中から資金が集まって、アメリカに住宅を建ててあげているようなものです。ローンで苦しむ人達は気の毒といえば気の毒ですが、一方で坊主丸儲けしている連中が必ずいるはずです。
債権流動化で、数字だけが一人歩きして、そもそも誰が悪かったのかがよく分からないままに現実離れした抽象的な世界で物事が進んでいく様子は気持ちの悪いものがあります。

|
|

« 無錫 | トップページ | チーズかまぼこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/9531614

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライムローン:

« 無錫 | トップページ | チーズかまぼこ »