« 福士加代子選手19位 | トップページ | 電気 »

血のめぐり

上海に住んでいた3年ほど前、アレッ?と思う経験をしました。月曜の朝起きて、会社に行き午前中いっぱいくらい、頭の中で時間の前後感覚が殆ど無くなってしまったのです。何をやっているか、何をやったかの意識はあるのですが、いくつかの行動の前後関係が分からなくなり、一生懸命思い出すようにしてようやく記憶をたぐりよせるような感覚になりました。昼食を食べて、午後からはようやく通常の感覚に戻ったのですが、原因がよく分かりません。脳に障害が出たかと思いましたが、考えてみると、前の週に肩こりがひどく、週末には慣れないスポーツを随分やって、腕から肩、首にかけて筋肉が固くなっていましたので、おそらく頭への血のめぐりが悪くなっていたのではないかと思います。
ちょっとしたことで血液が十分頭にまわらなくなると、簡単に機能が低下することを実感として感じた次第です。逆に、脳の働きを活性化させるためには頭への血のめぐりをよくすることが必要なのかなと思い、集中力が必要な時はこのことを思い出すようにしています。

|
|

« 福士加代子選手19位 | トップページ | 電気 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/10124065

この記事へのトラックバック一覧です: 血のめぐり:

« 福士加代子選手19位 | トップページ | 電気 »