« インディージョーンズ | トップページ | 三月二十六日 »

居心地はいいが

2006年10月30日に上海から帰国し、もうすぐ1年半近くなろうとしています。
上海に駐在していた4年半の間、自分としては結構仕事をしてきたと思っていたのですが、特に帰国直前の2ヶ月は本当にハードな日々になってしまい(2時間睡眠が10日くらい続いた時があり、立っているのもつらいくらい、体を横にできることがこれほどありがたいのかと思いました)、心身ともにヘトヘトになって日本に帰りました。そういう意味では日本に帰ることができて本当にホッとしました。言葉はほぼ100%分かるし、清潔で食べ物はおいしい。
ただ一方で、最近少し落ち着いてきて思うのは、「ちょっと日本は自分にとって居心地が変に良すぎるんじゃないか」ということです。妙な事件も結構おこっているし、政治はガタガタなのに、なんとなく暮らしていける微妙な生ぬるい状態。何か口を開くとオフサイドトラップにはまってしまうような気持ちの悪い危うさも感じます。

もっとストレートにとんがっていこうぜ!これは本来の自分の生活じゃないぞ!と自問自答していないと、自分自身のモチベーションが下がってしまいそうな気がします。外国ボケですかね。

|
|

« インディージョーンズ | トップページ | 三月二十六日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/11753896

この記事へのトラックバック一覧です: 居心地はいいが:

« インディージョーンズ | トップページ | 三月二十六日 »