« おかしい | トップページ | 鮨屋 »

財政赤字

あまりいいかげんなことばかり言っていてもいけませんので、矢野康治氏の「待ったなしの日本財政危機」(東信堂)で述べられている説明の一部をみると、
なぜ危機意識が薄いのか・・・
・国民負担率とりわけ租税負担率が低い→財政赤字(=負担の先送り)が非常に大きいために、現実の租税負担率(=現世代の負担)が低く済んでおり、現実の租税負担率が低いために、痛みが比較的感じられにくく、財政危機意識が希薄。
・国債金利をはじめとする金利水準-すなわち”借金コスト”-が低い
・その他のノスタルジックな幻想の存在→いざとなったら急激なインフレを起せばよい。とか、また高度成長期がやってくるとか・・・
この本、難しい問題を落ち着いて総合的に分析し、平易に語ったいい本だと思います。

|
|

« おかしい | トップページ | 鮨屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/21200570

この記事へのトラックバック一覧です: 財政赤字:

« おかしい | トップページ | 鮨屋 »