« 男子バレー北京オリンピックへ | トップページ | Taspo »

渋滞

 先日、横浜駅周辺の地下街が歩きにくかったと書いたが、その後たまたま読んだ文芸春秋7月号に西成活裕さんという方の「日本の道路はなぜ渋滞する」という記事が面白かった。高速道路の渋滞や、人の流れの渋滞が何故発生するかを簡単に説明しているのだが、例えば渋滞の名所である小仏トンネル付近について、ゆるやかなのぼり坂で車の速度が若干落ちるため、車間距離がだんだんつまり、後続車がブレーキを踏み出して、それが重なって渋滞が発生していると分析している。
 人の流れも、前の人と一秒くらいの間隔があるとスムーズなのだそうだ。他人の動線を予測し、それを邪魔しないという配慮をするだけで都会のストレスはかなり減るのではないだろうかとしている。
 前が空いているからといって少しでも詰めようとすると、かえって全体が遅くなる。流れの交差するところではお互いに譲り合い、強い自己主張をしない。そして前に詰めすぎない。こうすることで、長い目で見れば自分も含め皆が利益を得られる一種のゲームをしているのだ、と考えるとよいのではないだろうか、との提言。渋滞学とご本人は名づけておられるが、普段何となく感じていることをクリアーに整理してあり、いろいろな事を考えている人がいるものだと感心した。

 東京から、両親の住む横須賀に時々行くのだが、横浜を過ぎるあたりから明らかに人の感じ、文化圏が変わってくるような気がする。京浜急行の金沢文庫より先あたりからは特に地元の人の生活が感じられるような、ある意味ゆっくりとした感覚がある。休日の横浜駅は、こういった周辺の地元の人達が家族連れで買い物等で歩いているケースも多いのだと思うが、先日はたまたま混雑を歩くのに慣れていない、あるいは普段は慣れていても休日モードで自分の世界で歩いている人が多かったのか等といいかげんな想像をしている。

|
|

« 男子バレー北京オリンピックへ | トップページ | Taspo »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

晴れた日は、東京・銀座から丸の内を通って大手町まで歩くことが多い。通勤のサラリーマンが圧倒的に多い朝は、丸の内仲通なら20分強。八重洲(外堀通)経由なら25分、京橋(中央通)日本橋経由ならおよそ30分かかる。しかし、正午近くになり買い物客や見物客が増え出すと最低10%は時間がかかってしまうようになる。「不案内」というのも渋滞の原因かもしれませんね。

投稿: まつ | 2008年6月10日 (火) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/21501496

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞:

« 男子バレー北京オリンピックへ | トップページ | Taspo »