« Taspo | トップページ | 気持のいい朝 »

他愛のないおしゃべり

 吉本隆明は、この4、5年で、日本の「戦後」が終わり、新しく「第二の敗戦期」とも呼ぶべき段階に入ったのではないかと言っています。バブル期に消えた数百兆円の経済的なダメージは、大きな戦争で失うそれと同等かそれ以上の規模だったと言われていますが、その後のインターネット社会の出現等とあいまって、現在の日本はかなり複雑な社会状況に直面しているように見えます。
 今日は、秋葉原でナイフで無差別に多くの人を殺傷する事件が起きました。ラジオを聴いていたら、速報でニュースを流していましたが、物騒な話です。電車でもおちおち目をつぶって寝てなどいられないなと思ってしまいます。
 ただ、これまでに世界で理想的な社会がこの世に現出した事は無く、第二次世界大戦後60年以上も自ら戦争をすることから免れてきた幸運を思うと、消化しきれない情報の海に溺れることなく、ここは大きく深呼吸をして、自分の軸足は何なのかを落ち着いて考えていかなければねと思います。

|
|

« Taspo | トップページ | 気持のいい朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/21504273

この記事へのトラックバック一覧です: 他愛のないおしゃべり:

« Taspo | トップページ | 気持のいい朝 »