« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

じゃんけん

 と言っても、足指のじゃんけんです。以前、何かの雑誌で健康法の一つとして足指のじゃんけんを紹介していました。足の指でグーチョキパーとやってみるのですが、これがなかなか動かない。今でもうまくできませんが、確かに足の指は普段意識的に動かしている訳ではないので、一日一回くらいは、指に意識を集中してケアしてみるのもいいものかなと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ご縁

 先週末、草津に旅行した時、湯畑の近くの神社を散策していた際、6人ほどの女の子のグループとすれ違った。顔もよく見なかったが聞くとはなしに聞いていると、その中の一人がお賽銭箱の前で「私はご縁がありますように」と言っている。すると他の子が「私も」、「私も五円」と屈託が無い。大学生だろうか、どこにでもいそうなごく普通の女の子達だったが、せちがらいこのご時勢、昔ながらの素朴なやりとりが好ましかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

情報量その2

 以前、自然から得られる情報量ということを書いたことがありますが、考えてみると、これは自分自身が変化しているということかもしれないなと思うこともあります。つまり、同じ物、事象を見ても、そこから想起する情報あるいは思い出と言ってもいいかもしれませんが、それらが年を経るにつれて蓄積されてくると思うのです。
 そう思って物を見ていると結構面白い。目の前の物や人、動物等を見て、何を思うか。何についてもすぐに5つくらいのことは頭に思い浮かびそうです。人間は日進月歩。若いころは今日はヒマだなー!と思う時がありましたが、あの頃はつくづく頭の中が空っぽだったんだなあと思います。年を経るにつれ、ヒマ等という感覚は無くなってきます。亀の甲より年の功ってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

草津よいとこ

 草津温泉に初めて行ってきました。週末の1泊2日だけでしたが、結構リフレッシュしました。古くからの温泉街で、有名な湯畑を中心に落ち着いた街並みになっています。また行ってみたいという点では、小牧温泉も結構よかったですが、草津はさすが天下に名だたる温泉という感じ。町全体のホスピタリティーも含め、総合的に見て素晴らしい温泉だと思いました。
 面白かったのは、湯畑の隣に小さい公営のお風呂があって、硫黄のにおいがたちこめる、かなり熱いこれぞ温泉というお湯が無料で開放されていたことでした。入り口を入るとすぐ2 m.四方くらいの小さな風呂が2つあり、片方は入れないくらい熱いお湯。もう片方も相当熱いお湯でした。こういった温泉がいくつかあるのだそうです。宿の風呂も24時間入れるので、快適でした。
 白根山のお釜もきれいでした。その後白根山を下り帰路につく頃には、吾妻一帯は大雨注意報が出るほどの土砂降りになりましたが、関越自動車道に入る頃にはやんで、夕焼けがきれいでした。
Img_1864
草津の中心に位置する「湯畑」

Img_1848
入り口を入るとすぐ風呂になってます

Img_1873
白根山の「お釜」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

足立区花火大会

 一昨日は、足立区の花火大会があった。子ども達も浴衣を着て見学に行ったが、帰宅してみると、家の窓から遠目ながら見ることができた。去年は見なかったなと考えたが、夏休みで旅行に行っていたのを思い出した。
 今日の夜は確か隅田川の花火大会である。これはさすがに自宅からは見えず、昨年は自転車で見に行ったものだ。今年は末っ子が夏休みで昨日からキャンプに行ったので、家内と草津に一泊で行ってみようと思っている。隅田川花火は今年はテレビで見るだけ。夏本番、とても暑い日が続いている。夏ばてしないように気をつけたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

割り箸

 7/25東京新聞の投稿欄で、「日本の割りばしを使おう」という記事があった。森林資源の維持には間伐が必要で、それによって発生する大量の端材が出るが、その最適な利用法は昔から割りばしと決っていると言う。使った割りばしは集めて燃料にすればよく、日本製がコストとして外国製より高い部分は緑のための応分の負担と考えるべきという言い方をしている。
 65歳の方の投稿で、どういう経歴の方か分からないが、短い文章に明快な趣旨が述べられており目をひいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハナツクバネウツギ

 最近、週末の朝は40分ほど散歩しています。家から荒川自然公園に行き、公園内を一回りしてから町屋斎場の前を抜け、町屋駅を横切って帰宅します。
 自然公園では、折々の木や花が楽しめます。つい最近までは、ハネツクバネウツギという花が白く咲き誇っていました。この名前を覚えておこうと思ったのですが、家に帰ると思い出せない。しようが無いので、今日は写真をとってきました。漢字では花衝羽根空木(スイカズラ科)と書くんですね。それにしても、花の名前はなかなか覚えられません。
 町屋斎場ではいつもお葬式をやっています。いくつもの会場があるのですが、昨日の朝も一杯、今日はまた名前が変わって会場が用意されていました。
 町内一周という感じですが、時々道順を変えながら、四季の移り変わりを楽しんでいます。
 家に帰れば、父親を包丁で刺殺した女子中学生の供述をトップニュースで流していました。ショッキングな事件ではありますが、このような子どもの言っていることを逐一全国ニュースのトップで流してどうしようというんでしょう。
Img_1832  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨明け

 昨日7月19日、ようやく梅雨明けしました。
 ニュースを聞いていておやっと思ったのは、気象庁が「梅雨明けしたと思われる」と発表したという報道。「したと思われる」というのは、責任回避の余地を残したということかという印象を持ちました。そんなところまで考えているのかなという感じがします。あるいは、毎年そう言っているのを、たまたま今年のマスコミはそう伝えたのか。
 まあ、どうでもいいことですが・・・。これから暑い夏が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野茂投手引退

野茂投手が引退を表明しました。本当に長い間お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国の借金

ヒエー!ちょっと見ぬ間にこんなになってましたか。国自体がサラ金地獄に陥ったような状況ですね。普通の精神ではついていけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クールビズ

 私の勤務先でも、軽装勤務、いわゆるクールビズを6月から9月の期間行っています。昨日、久し振りに本店で打ち合わせがあったので、ネクタイをしていこうかなと迷いながら、結局半そでのYシャツ、ノーネクタイで出かけました。会議に出席していた人のいでたちを見てみると、背広の上着を着てノーネクタイという人が三分の一ほどいてびっくりしました。上下そろいのスーツでネクタイだけはずしているというのも、結構思い切った格好だなと、ある意味感心したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

拡大より持続 

7月11日の東京新聞に玉村豊男氏の記事が出ていた。久し振りに見かけたので、興味深く読んだ。・・・
「拡大する経済は必ず衝突し、争いを生む。新興国までが経済を急速に拡大し始めると、資源も環境も、もはや持続できないことが明らかになった。グローバル化は国境を越えた資源やカネの奪いあいで、それに巻き込まれたくない。」
「農地を大規模化して効率よく収益をあげるというのは工業的な論理。クルマを作るのと同じように農作物をつくろうと考える人たちだ。農業的な感覚は拡大よりも持続」と訴え、里山特有の狭い土地を利用した多品種少量生産こそ有効と強調する。
「世界がどんなにグローバル化して弱肉強食の格差世界になっても、そんな体制に関係なく、毎日こつこつと働く。仕事そのものを喜べば、収入がそれほど増えなくても、自分に嘘をつかずに生きていける。たとえ大きな国の経済が破綻しても、小さな王国は確かに生きていける。」

・小さな王国
・スケールダウン
キーワードになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

北京

 先週の火曜夜から北京に出張しました。木曜朝には帰国したので正味1日のみの滞在でしたが、まず北京首都空港のターミナルビルが立派になっていたのに驚きました。オリンピックに国家の威信をかけていることがよく分かります。空港からタクシーに乗って行き先を告げると、「O.K.了!」と、なんだかシンガポールにでも来た様な受け答え。街中はさほどオリンピック一色という印象ではありませんでしたが、それでも「選手村」という交通標識が出ていたり、看板にアルファベットが目についたり、なるほど、あと一ヶ月なんだなと感じさせるものがありました。
 一方、海外から帰国していつも感じるのは、日本はやはり平均年齢が高いなということです。アジア諸国に出かけると、若い人が多い。ベトナムにいたっては、戦争の影響で平均年齢が20台と聞いたこともあります。年齢が高いが、何となく成熟した感じがしない社会になっている感じがします。

Img_1827 空港ビル

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

免許更新

 今日は、自動車免許の更新に鮫洲まで行ってきました。平日ですと、いろいろな所で更新手続きができるのですが、週末は日曜日に試験場しかやっていないので、ちょっと遠いのですが、出掛けてきました。5年ぶりくらいでしたが、手続きもスピーディーで、殆ど待ち時間がありませんでした。以前は、交付までの間かなり待たされたように思いますが、講習が終ったらもうできていて、行列で順番に受領でき、なかなか手際よくなってました。新しい免許の写真に5年の月日を感じながら、埃っぽい鮫洲の町を後にしました。
 町屋に住んでから自動車も持っていませんし、自動車に乗る必要も無いので、このところ本人確認資料としてしか意味が無いのですが、まあ何かの拍子に運転することがあるかもしれません。
 免許といえば、アメリカの免許の試験は受験料が(10年以上前で)10ドルくらいだったと思います。それで3年(でしたか)米国内で運転歴ができると、日本に帰国した時に日本の免許に切り替えできます。日本で免許を持っていなかった会社の人が、その方式で日本の免許を取得していましたが、教習所通い無しでコストも当時で20万円以上節約できたことになり、ラッキーと喜んでいたのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エコ

 エコという言葉を目にしたり聞いたりしない日はないくらいですが、よく分からない話が多いです。二酸化炭素排出量削減と言って、○○をすれば、あるいはやめれば××のCO2削減効果があると説明されますが、そんなにきちんと数字が出るんでしょうか。目安なんだと言われてしまえばそれまでですし、人の生活と自然との関係を注意深く考えなければいけないのはその通りだとは思うのですが、話が変に単純化されすぎてないか、論点がすりかわっていないかという気持ちがつい先にたってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

首まわり

テレビのチャンネルを回していたら、おしゃれ工房という番組で、化粧水をティッシュペーパーにしみこませ、パックとして使い、終ったらもったいないので首まわりにつけるとよいというような会話が耳に入りました。「首のまわりには自律神経がいっぱい走っているので、よく手入れをするとよい」と言うので、テレビを消してインターネットで自律神経を調べてみました。
 最近、肩こりが激しく、頭痛や軽いめまいがすることがあるので、気になっていたのですが、自律神経あるいは自律神経失調症などと見ていくと、お灸という言葉に出くわしました。ロスアンゼルスで仕事をしていた時に、一時帰国した際、お灸を買って持っていったところ、なかなか効き目があったことを思い出しました。
 お灸という言葉から、ツボと体調の関係に進み、普段、肩や首がこった時に、無闇やたらにたたいたりもんだりしていたのは、あまりよくなかったように思いました。きちんとツボを見つけて、ジワッと押すなりお灸をすえるなりしないといけないのかなと。 ひょんなきっかけで、いろいろと調べ物をしてしまいましたが、なかなか面白い発見がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

扇風機

 今日は暑かった!現在、夜8時前ですがまだ31度くらいあります。家ではクーラーは殆ど使わないので、さっそく扇風機を押入れから出してきました。中国で買ってきた大きめの扇子も会社でよく使ってます。いよいよ夏の向けて体調管理に気をつけねば。9月になって夏ばてしていないようにしたいと思っています。

そういえば、借りた本を返しに荒川図書館に行ったら、冷房がバッチリ効いてました。1階のホールは結構がらんと広いので、ちょっと(かなり)もったいない感じ。涼みに行くにはちょうどいいかなと思いましたが。

 午後は谷中までブラブラ散歩しましたが、帰り道は暑さでバテてしまいました。帽子を持っていかなかったのも敗因でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

背負う

 通勤に、先日購入した縦型のカバンを使っています。手提げ、ショルダー、背負いといずれも可能なので、駅までの歩きでは背負って、ホームでは片方の肩に背負い、電車内では手にさげています。混んだ狭いホームでは、肩にかけていると体を少し斜めにするだけで、人にあまりぶつからずに歩けるので意外に具合がいいです。手に荷物をさげていると、やはり邪魔になります。また、歩くときに荷物を背負っていると、体のバランスを考えながら歩けるのでいいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PT

Permanent Traveler

・国籍を持つ国
・ビジネスを営む国
・居宅を持つ国
・資産運用を行う国
・余暇を過ごす国

と言いますが、どうなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »