« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

整理整頓

 家が狭いので、快適に暮すために整理整頓がマストです。というものの、なかなか思うようには片付きません。
 今日は、気分を変えてPCのブラウザーのブックマークを整理しておきました。昨年からFirefoxを使い始めたのですが、IEからブックマークを移植したらデータが雑然と取り込まれてしまったので、そのまま使っていました。Firefoxはウィンドウを数多く開いてもタブが使えるのでIEより使い勝手がいいのですが、ブックマークの整理をしていなかったので、IEも平行して使用していました。
 ということで、今日は相当整理を進めたので、今後はかなり快適に使えそうです。ただ、こういった整理整頓は、物理的に身の回りがきれいになる訳ではないので、家族には全然アピールできません。自己満足の世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

食糧自給率

 食糧自給率が低いという議論が盛んになってきました。素朴な疑問ですが、食糧自給率といった場合の分母が何かという議論はあまり無いような気がします。自給率の定義は何種類かあるようですが、大雑把に言って例えば分母が100、分子が30の時、自給率は30%ですが、極端な話、分母を30に減らせば自給率は100%になるはずです。こういった角度からの議論もあっていいのではないかとふと思いました。また、コンビニの弁当等を見ていると、かなりの部分が残っているように思えるのですが、こういった部分は統計上どうなっているんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

講演会

 ピーター・フランクル氏の講演会を聴いてきました。ONLINE(人との会話やコミュニケーション)も大事だがOFFLINE(自分ひとりでの勉強)の努力が大切という話が印象的でした。
 時間管理については、テレビは見ない・新聞も1週間に1回まとめて読むくらいということ。時間が限られているので、何もかもはできないという話でした。例として、北京オリンピックのテレビは全く見なかったとのこと。なぜならば、昔のオリンピックのことを考えてみると、誰が何のメダルをとった等、殆ど覚えていないことに気がついた。つまり、オリンピックというイベントは自分の人生には殆ど関係のないイベントなのだと割り切ったということでした。
 数学者でもあり、ジャグラーでもあり、十数ヶ国語をあやつる語学の達人、と多様性をもつ人で、講演の中で数学の問題を数問披露したのですが、なかなか難しい問題を聴衆の中から小中学生が正解していたのでビックリしました。自分自身「頭がかたくなっているなあ」と反省。
 教育に関連して、暗記だけの勉強や、短い時間で多くの問題を解くこともさることながら、一つのテーマで自分なりの考えをまとめる作業を繰り返すトレーニングは有効という話も面白いと思いました。
 多くの人の才能にはさほど大きな差は無く、やはり努力が大事という話もありましたが、ご自身の才能は間違いなく並みのレベルではないことが見てとれました。
 ちなみに講演で全国の都道府県を全て10回以上訪問しているそうですが、聴衆を飽きさせない語り口と工夫で、なかなか示唆に富んだひと時が過ごせました。このように書いていると味もそっけもありませんが、実際はユーモアたっぷりで、ジャグリングを交えたざっくばらんな楽しい内容でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東京メトロ定期券

 東京メトロで通勤定期券を買ってきました。HPで見てみると、購入できる駅が限られていて、ちょっと不便。町屋から一番近いのは北千住駅でした。北千住までの切符160円也を買い、駅員さんに「定期を買いにいきます」と言うと、証明のスタンプを押してくれます。これを北千住の改札で駅員さんに見せると、そのまま改札を通してくれます。定期購入時に切符を見せると、現金で精算してくれます。帰りの切符をお願いすると特製切符をくれるので、それを使って自動改札で通常通り帰りの電車に乗れます。
 PASMOの定期を作りましたが、支払いが一般のクレジットカードでできないのが難点でした。東京メトロのクレジットカードしか使えません。現金を持っていなかったので、一回駅前に出て銀行でお金をおろしてきました。私はみずほ銀行を使っているのですが、目についた三菱東京UFJのATMを使ったら150円の手数料をとられたのは失敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

七人の侍

 久し振りに「七人の侍」を最初から最後まで通して見ました。三十年ぶりくらいだと思いますが、改めてこの作品の素晴らしさに感銘を受けました。
 若い頃見た時には印象に残っていなかったのですが、仕官を目指す野武士が結構野にいたというような時代背景も改めて認識しました。また「のぼり」を作ったり、戦いの前に「気勢」をあげたりと、昔は当然のように考えていたことが、実際の生活の中でも気持ちを高揚させるために非常に重要な要素となることを思い出したりと、いろいろと細かいところが面白かったです。この映画は今後も時折見たいものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

意見の違い

 京都の駅ビルがよかったという件をこの間書きましたが、兄が今年の夏に京都に行ったというので、駅ビルについて話したところ、あまり評価していませんでした。見方の違いを深く議論した訳ではありませんが、意見の違い、感じ方の違いというのはなるほどいろいろあるものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エネルギー問題

 アメリカ文明=安定した石油価格の下で、青天井で石油を使うことを基盤に発展した文明。それが順風満帆といえなくなってきた現在、代替エネルギーに決定的なものが今のところ無い状況で、エネルギー消費を抑えた社会の構築を指向する必要があるのか?
 日本の江戸時代の社会は比較的社会システムが整備されてきた社会であったらしい。明治以降、そうでない多くの外国と本格的につきあわなければいけなくなった。グローバル化というと聞こえはいいが、それがいろいろな問題を引き起こしてきた。こういった局面で、日本はかつて鎖国あるいは鎖国に近い状態で乗り切ってきたと書いていたのは誰だったか。
 食糧自給率が低いと言われる日本だが、自給率自体が石油をはじめとするエネルギーが今と同様に使える前提で試算されていることを考えると、問題は簡単ではなさそうだ。
 100%お金を介した経済のもろさを考えると、「ゆるい経済」を見直していくことは大事な視点か。いずれにせよ、エネルギー問題はいろいろな事を考えていく上で主要なポイントであることに間違いなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

駅前ロータリー

 今日は娘の英検の試験の迎えで、東武東上線のある駅で20分ほど待っていました。駅前は小さなロータリーになっていて、自動車が狭い道路を行ったりきたりしています。ロータリーの真ん中が緑地になっているのですが、何となく落ち着かない感じ。改札を出たスペースも狭かったのですが、そこで子どもを待ちながら思ったのは、自動車は人の歩く部分からできるだけ離した方がいいのではないかということです。特に人が自動車から乗り降りするスペースは何となく落ち着かない気がします。
 駅前がロータリーになって自動車が発着するのは一般的な駅のつくりの一つで、改札を出てすぐ自動車が行き来し、人がひっきりなしに乗降しているのはあたりまえのような感覚ですが、考えてみると実際はこの状況は結構ストレスフルです。
 いくつか思い浮かべてみると、例えば品川の港南口はデッキになっていて、隣接するビルにつながっています。 駅から出るとデッキの上の2階部分に出ますが、これは結構うまくできていると思います。ちなみにデッキと言えば、上海の浦東地区には高層ビルが立ち並んでいますが、これらの建物は独立していて、かつかなり離れているので、ビル間の移動はかなり不便。急ぐときは車で移動なんてことになり、効率の悪いこと極まりない。一方カナダのトロントは雪が多いこともあり、地下街が非常に発達していて、主要なビルは地下街をたどっていくと殆どがつながっていました。この間行った京都駅ビルは巨大な構築物で、一種テーマパークのような面白さがありました。
 同じスペースでも、作り方によって随分人の気持ちに与える影響が変わってくるものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京都旅行#2

訪問した主な場所
14(火):西本願寺、東本願寺、三十三間堂、四条河原町
15(水):京都御所、閑院宮邸跡、天龍寺、渡月橋
16(木):宇治平等院、法隆寺、東大寺
17(金):大坂城、道頓堀
18(土):東寺、清水寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京都旅行

 京都に旅行してきました。前回京都に行ったのは20年以上前なので、駅ビルやその周辺の変貌には驚きました。伊勢丹と駅の間を吹き抜けにした巨大な空間は圧倒的で、日本人でもこういった発想があるんだと感心しました。旅行の様子は追って書いていきたいと思います。

Img_2327

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

体の軸

 たまたまテレビで空手の日本選手権をやっていたのを見た。私自身は空手とは全く縁が無く、試合のルールも分かっていないのだが、何となく分かったのは、打ち合っていて体の軸がぶれない選手の方が勝っているようだということだ。
 お互いに激しく手のつき、足のけりを応酬しあっているように見えるが、体がフラフラせずに安定して前に出ていく方がどうも歩がよさそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キンモクセイ

 今年も玄関先の金木犀がいい香りをさせています。この1週間くらいがピークで、そろそろ終りに近づいてきました。リンゴがおいしい季節になり、梨も季節を終えようとしているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヒロセオーダー

 会社をかわるのを機に、今日は背広を一着頼んできました。上海で勤務をしていた時、毎月「東京人」を日本から送ってもらっていたのですが、そこで紹介されていた、国立のヒロセという店に行ってきました。ちょっと遠いので帰国後も足を伸ばす機会がなかったのですが、何となく気になっていた店の一つでした。
 いつもの紺系統の無難な生地を選んでしまいましたが、値段も良心的で、3週間くらいで出来上がるというのでどんな感じで仕上がるのか楽しみです。ご主人から仕立てに関するいろいろお話を聞いてきましたが、落ち着いた感じのお店でした。仕事の量にかなり波があるということで、特に8月は閑散とし、年末あたりが一番忙しいとか。夏場にお願いすると、余裕をもって仕立ててくれるかもしれません。ただ確かに暑い季節に背広のオーダーは普通しないかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

株価大暴落

 とことん下がってます。大和生命が破綻しました。この状況がこれからどう動いていくか、目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うつぶせ寝

 うつぶせ寝が健康にいいというので、ここ数日トライしてみました。頭は右を向いたり左を向いたりするので、最初首が痛くてすぐに仰向けに戻っていたのですが、慣れてくるとこれが意外に肩こり解消になっているのに気づきました。普段のデスクワークで首から肩にかけての筋肉が凝り固まっていたのが分かります。胃腸の調子もよく、今のところ結果は良好です。でも、朝目がさめると大体上を向いていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

次の仕事

 現在の会社での勤務が昨日で終了し、新たな職場に移ることになりました。急な話でしたがバタバタと決り、後任への引継ぎも終了。今日から約2週間休んで、今月下旬から先方での仕事を始めることになりました。
 一打打つと景色が全く変わって見えるとゴルフに例えてよく言われますが、数日前まで、いろいろな案件で頭を悩ませていたのがすっかり別の世界のように感じます。頭はすでに新しい仕事に向けていろいろと動き始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヨーロッパ

 昨日、テレビでBSニュースを見ていたら、「世界のニュース」で英独仏伊の欧州4カ国首脳による金融危機対応の緊急会合の様子を写していました(CNNだったかと思います)。  
 久し振りに欧米のメディアが伝えるヨーロッパのニュースを見たような気がしますが(日本のメディアが伝える欧米のニュースとはかなり趣が違います)、面白かったのは、サルコジ大統領やメルケル首相といった各国首脳の立ち居振る舞いや発言を見ていると、改めてそれぞれが個性的だなと思ったことでした。アメリカ人ともかなり違いますし、私自身は仕事の都合もあり、この数年アジアばかりを見ていたので、何となく懐かしいような新鮮な感じがしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

過ぎたるは

 上野の一蘭でラーメンを食べました。麺の固さや葱の種類、スープの辛さ等がリクエストできるようになっており、面白いのは、カウンター席が一人ずつ仕切られていることです。選挙の投票用紙を書き込む台がありますが、ちょうどあんな感じ。前にすだれがあって、一人でラーメンに集中できるようになっていると言います。この工夫を特許を申請しているそうです。ここは24時間営業なのですが、夜中にこの仕切りにはまってラーメンをすすっていると、何となくわびしい感じもしますが。
 ともあれ、この店はやや麺が少なめなので、今日は「替え玉」を頼んでみました。スープを多めに残して、待つことしばし。別のどんぶりに麺をドカッともってきてくれます。それをザザザッともとのドンブリに流し込みましたが、思いがけずスープが随分薄まってしまい、なんとなくしまらない感じ。まあ、悪くはないが、ただお腹がいっぱいになったという食後感でした。腹八分目の最初の一杯で止めておけばよかったかなと考えてしまいました。
 それに比べると、この間の桃天花の坦々つけ面はよかったなと思い起しました。大量の麺をやっつけた後、ダメ押しのごはんも、スープの味がしっかりからんでおいしかったです。比較すると三河島の桃天花の勝ちといったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ネットカフェ難民

 いわゆる「ネットカフェ難民」について、石原都知事が「マスコミは騒ぎすぎ」等発言したようだが、これについて、インターネットでいろいろな意見がかわされていた。「1泊3千円であれば1ヶ月4万5千円となり、アパートが借りられる」とか、「派遣先がしばしば変わるので、定住できないんだ」とか、「職探しにネットが必要」、「保証人が無いので借りられない」等々。「ネットカフェ難民は約1万人程度の問題であり、ニートの問題の方が深刻」という意見もあった。おやっと思い、ウィキペディアを見てみると、2007年度で5400人程度という数字もある。確かに「ネットカフェ難民」という言葉は知っているが、その数はあまり意識したことがなかった。(こういった情報もネットで簡単に取得できる。一昔前に比べると全く生活スタイルが変わってしまったと思う。)
 個室ビデオ店の火災で15人が亡くなったが、この辺の利用者の実態も、新聞・テレビ等の報道を見聞きする限りいろいろなケースがありそうで、なかなか一般論で整理するのも簡単ではなさそうだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »