« 年金の租税方式化 | トップページ | 江戸前 その2 »

江戸前

 先述の「はなのや」のご主人によると、刺身を食べる際にわさびは醤油にとかすものなのだそうで、それが江戸のお作法とのこと。ただし、わさびをかきまぜてすっかり醤油にといてしまうのではなく、たっぷりとわさびを取って、醤油皿のはしに置き、醤油も少なめにとって、そこに少しずつときながら使っていく。醤油がなくなったら追い醤油をする。わさびは刺身のつまと同じで脇役なのだということです。
 池波正太郎は、醤油にとかずに少しだけ刺身にのせて食べるのが正しいと言っていますが、私自身は「わさび醤油」としてとかして食べる方が断然おいしいと思っていたので、この説明は我が意を得たりといったところでした。

|
|

« 年金の租税方式化 | トップページ | 江戸前 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/26097369

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸前:

« 年金の租税方式化 | トップページ | 江戸前 その2 »