« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

森の都江戸

 ・・・この本のなかに「風景とコスモス」と題する一章がある。これによれば江戸というのは全体が森におおわれた都市であったようですね。六義園は、いまでこそ稀少だが、当時はざらであった。
 <江戸には、大名屋敷に付随する庭園だけでも千を数え、そのうち後楽園、六義園クラスのものが三百あったという。それに旗本屋敷や寺社のそれを加えれば、江戸の庭園の数は数千にのぼっただろう。>とある
高島俊男「お言葉ですが・・・8 同期の桜」(文春文庫)より抜粋

 「森の都江戸」、なかなかいいひびきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中国の高層ビル

 元上海総領事の杉本信行氏(故人)が亡くなる直前に出版した「大地の咆哮」という本で、上海の高層ビルの多くが今後10年の間に傾いて、エレベーターの使えないビルになってしまうといった趣旨のことを書かれていた。
 その話とはちょっと違うが、上海で建設中のマンションがバッタリ倒れたというニュースがあった。写真を見ると、私が以前住んでいた頃雨後のタケノコのように建っていたのと同じようなマンションだ。以前このブログにも書いたが、無錫から上海への新幹線から、建築現場で、どぶ川の水をコンクリに混ぜている光景を見たこともあり、さもありなんという感じがする。
 日本では耐震強度の偽装が以前とりざたされたが、その後すっかりマスコミの関心は薄れてしまったらしい。日本と中国では比べようもないが、素人が見ただけでは分からないだけに、高層マンション、ビルはちょっと怖い気もする。

http://news.sohu.com/20090627/n264800026.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マイケル・ジャクソン

 マイケル・ジャクソンが亡くなった。
 彼の生涯について詳しい訳ではないが、時代を代表するアーチストとして身近にいつも話題になっていたような気がする。ライオネル・リッチーと作詞・作曲した1985年のWe Are The Worldは、当時の著名な歌手が総動員といった感じで、私もビデオを何回も見たものだった。
 その後、整形手術を繰り返した顔はテレビでみても痛々しい感じで、多額の借金も話題になっており、この先この人はどうなるんだろうと思っていたが、訃報を朝のニュースで聞いて、「ああ、こういう幕引きもあったんだ」という気持ちがしたものだ。
 現在死因がとりざたされているが、それもいずれおさまるのだろう。そしてマイケル・ジャクソンはジェームズ・ディーンやマリリン・モンローのように謎に満ちた伝説のスターとして人々の記憶に残るのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=WmxT21uFRwM&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お酢

 今日の日経に「酢が助っ人メタボ改善?」という記事がのっていました。1日スプーン1杯程度で、中性脂肪、内臓脂肪が減り、血圧降下も期待できるということだそうです。
 最近時々ドレッシングを自作していますが、材料でワインビネガー、シェリービネガーといったお酢を入れると、食欲がわいて胃にもいいような感覚がありましたが、この記事を読んでなるほどと思いました。さっそく町屋の赤札堂に行ってみると、普通のスーパーですが結構いろんなものを売ってますね。黒酢は数種類あるし、果汁とあわせた飲み物もありました。2種類購入し、飲んでみましたが、まあ飲み続けられそうな感じです。しばらく続けてみようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カメの散歩

 昨日、千代田線を西日暮里で降り、家まで歩いている途中で、夕暮れ時でよく見えなかったのですが、70メートルくらい先に中年とおぼしき女性が何か荷物とともにゆっくり道を横断しているのが遠目に見えました。そのまま歩いて近づいていくと、渡りおわったところからほんの近くにまだその人が立っていました。随分ゆっくりした人だなと思って見ると、台車をおしています。さらによく見るとなんと1メートルちかい陸ガメが足もとをノロノロ進んでいます!!!片方の足を前にだすのに10秒くらいかかっています。甲羅には何か着物のようなものをかぶせてあり、一応ひもをつけてひいていました。思わずかけよってよく見たい衝動にかられましたが、そのまま通りすぎてしまったのは今思うと残念でした。生まれてこのかた、道路をあんな大きなカメを散歩させている人を見たのは初めてです。この間、夢か現実か分からないような夢を見ましたが、一瞬これも夢かと思ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

コロッケ

 揚げ物が好きで、特にコロッケとメンチカツは子供の頃からの好物です。
それとは関係ありませんが、ものまねでもコロッケという人がいますね。ものまねで何十年も食べているというのも、たいしたものです。ひとつYouTubeリンクしときます。

http://www.youtube.com/watch?v=njMbBJoBj9o&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビジネス展望

 毎朝6時ごろ起きます。しばらくベッドの上でボーっとして、パソコンの電源を入れておいて、雑誌とか文庫本を持ってトイレへ。メールをチラッとみてシャワーを浴びて部屋に戻ると30分から40分ころになります。ラジオをつけると、AMのNHK第一放送にあわせてあるのですが、ラジオ体操をやっていると、朝の気分に合わないので一旦切ってしまいます(個人的にはこれは時間をずらしてほしい感じ。そのうち意見がかわるかもしれませんが)。41分ころにまたラジオをつけるとニュースをやっており、43分ころから「ビジネス展望」というのをやってます。これを聞くとはなく聞いているのですが、日替わりでひとつのテーマについて識者がコメントするというもので、結構いいです。なるほどなと思ったり、ちょっと違うんじゃないとか勝手に思いながら、その時々のいろいろな視点を提示してくれるので、ちょっとしたヒントになって心地よいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なす

 庭でできたナスを今年初めて夕食の時、いためて食べました。結構感動的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メモ

 ブログに書いておこうと思いながら忘れてしまった項目が結構あります。ちょっとメモをとっておけばいいのですが、頭に浮かんだアイデアも、他のことを考えていると、スッと抜けてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マウス

 会社のパソコンで昨年末にある資料を作ったのだが、説明図などを作るのにマウスを激しく動かして数日作業したら、右手首が痛くなった。 
 作業のせいと思っていたのだが、一つの要因はFUJITSUのマウスが大ぶりであることと、光学式でないので、ゴロゴロと動かす必要があるためと気づいた。昔ながらのマウスを動かすのは、結構力仕事なのだ。そこで自分の使っている光学式のワイヤレスマウスをつけたら、結構調子がいい。ただ、デスクトップで机の下に本体がおいてあるため、今一つ動きが悪い。今日はUSBの延長コードを買ってきたので、月曜にアンテナを机上に出してためしてみようと考えている。キーボードもタッチが重く、疲れるのだが、「マイ」キーボードまでは今のところまだ考えていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カレンダー写真

 写真のことは詳しくないのだが、カレンダーの写真は「あきのこない写真を選んであるらしい」という気がする。第一印象はさほどではないのだが、一ヶ月毎日ながめていると、何となく愛着がわいてくるものが多い。この辺もノウハウなのだろう。
 カレンダーで困るのは、いい紙を使っていることが多く、一枚めくっても何となく捨てがたいことだ。気に入った写真であれば壁にはってもいいのだが、とっておいても結局最後は捨ててしまうのは、我ながらもったいないことをしているなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日の神話

 今日は所要で溝の口と渋谷に行ってきましたが、ついでに渋谷で前から気になっていた岡本太郎の「明日の神話」を見てきました。
 横30メートルくらいの巨大な壁画が京王線への通路に設置されていますが、これは迫力がありました。最初見つけた時は疲れていたせいもあり、全体感がつかめませんでしたが、しばらく眺めていると、「おおっ」という感じです。柱がちょっとじゃまでしたが、スペースもうまく作られていて、かなり離れた位置からも鑑賞できるようになっています。原爆の爆発の瞬間を描いたというこの作品ですが、ある程度離れて見ると、本当に訴えかけてくるものがあります。メキシコで発見され、日本で修復されてここに設置されるまでに数多くの人の努力があったと聞いています。今ではあまり足をとめている人もありませんでしたが、このような作品がいつも見られるようになっているのは、いいものだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かばん

 今日私は早めに仕事をきりあげ、6時16分霞ヶ関発綾瀬行きの千代田線で帰宅した。始発なので、らくに座ることができた。西日暮里で大勢乗って、次の町屋で降りにくくなるので、ちょっと迷ったが、進行方向右のシルバーシートのドア側に座った。カバンの外側のポケットに入れてあった高島俊男の「同期の桜」を読んでいたが、湯島あたりで眠くなって目をつむってしまった。
 降りようとするとカバンが何かにひっかかった。私の立った席に座ろうとしていた男の子がなにやら言っているが聞こえない。その親らしき人も何か騒いでいる。ドアが閉まりそうになったのであわてて飛び降りて、ふとカバンを見るとどうもいつものカバンと違う気がした。縦長のはずのカバンが横長の薄い手提げに見えた。「カバンを間違えたんだ!」とあわてて電車を見るが、もうホームの向こうの方へけたたましい音とともに発車した後だった。「いや、間違えたんじゃなくて、3つ持っていた出張荷物を2つ置き忘れたんだ。どうしよう。」と思ったが、もう一度カバンを見ると、なぜかいつものマンハッタンパッセージのリュックサックだ。「なあんだ。勘違いか。」と胸をなでおろし、町屋の駅から歩いて帰宅した。
 家に帰ってカバンを再度みると、オヤッ、上部のファスナーが開いてカバンがぺっちゃんこだ。急いで中を確かめると、「無い!」。私はいつもバックインバックというのだろうか、小さなバッグを2つカバンに入れている。昔しょっちゅう出張していたので、パスポートやら財布に入りきらないカード類やらこまごまとしたものを入れているのだが、その2つの入れ物が無いのだ。「やられた!中身だけ盗まれたんだ!どうしよう。」とうろたえる。
 2階に行って歯をみがきながら、茶碗を洗っている家人に「カバンの中身をとられた。」と告げる。また1階に戻る階段で状況を思い出す。カバンは膝に乗せていた。読みかけの文庫本を上において両手をのせてウトウトしていたのだが、あの状態で物をとられる訳がない。おかしい。山の手線はちょうど1時間で一周してくるが、電話をすれば見てくれるかしら。ただ今日乗った電車は青い線が入っていたから京浜東北線だったか・・・。そうするとどこまで行ってしまうんだろう。そもそもどこに電話したらいいんだろう。明朝にするか。会社に出勤したら、一応届け出が必要か。そういえば、シンガポールに出張時に、別件で出張していた人がレストランでアタッシュケースを置き引きされたことがあったな。あの人は届出してたなあ。20年くらい前に私自信も網棚にカバンを置き忘れたことがあったな。あのときは早朝、長津田の駅から電話があって見つかったんだ。とにかく腑に落ちない。おかしい!と悶々とする。
 ・・・そうこうしながら、ふと「これは夢じゃないか。」という思いが頭をよぎる。「絶対こんなことはありえないじゃないか。部屋のあそこに置いてあるのはいつものカバンじゃないか。」と思いつつ、次第に頭がはっきりしてくる。ベッドの上から目をこらすと、私のカバンはいつものとおり、机の前の椅子の上においてある。よっこらしょとベッドから起き上がり、中を確かめると、ちゃんと全部入っている。そう、これは夢だったのだ。
 今日、私は早めに仕事を切り上げ6時6時16分霞ヶ関発綾瀬行きの千代田線で帰宅した。帰宅して夕食をとり、三女が帰って来て、上野に一人暮らしをしている長女がスリランカに行くとか行かないとかいう話をしていた。疲れたのでベッドにうつぶせになっていたら、家内が背中をたたいてくれた。眠くてしようがなかったが、やっとのことで起き上がり二階で歯をみがき、再度ベッドに入り、ラジオを聴くともなく聴きながらまたウトウトしていたのだ。そのほんの30分くらいの間に、怖い夢を見ていたのだ。いろんな要素がごちゃまぜになって思い出してみると、ところどころつじつまが明らかにあっていないのだが、本当にリアルな夢だった。スリランカの話から、海外出張の時の大荷物を思い出し、カバンから網棚に置き忘れる連想になっていたのだろうか。肩がこって、頭の血のめぐりが悪くなっていたのだろうか。職場を変わって大きな生活の変化があったが、気づかぬうちに体に変調をきたしていたのだろうか。いずれにせよ気をつけた方がいいかもしれない。怖いものは何も出てこないのだが、とにかく怖い夢だった。くわばらくわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

椿山荘

 昨日、会社の若い人の結婚披露宴に行ってきました。椿山荘のフォーシーズンズだったのですが、いい披露宴でした。
 これまでに何回か披露宴には出席しましたが、新郎新婦やご親族、友人等々の参加者、あるいは式場によっても随分雰囲気が違うものだと改めて思いました。今回は、新郎新婦ともに若者らしいフレッシュさとともに、知的なきらめきもあり、本当にいい披露宴でした。椿山荘の食事もおいしく、この二人に幸あれと、いい気分で帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プール

 日本に上海から2006年10月に帰国して間もなく、以前入会していた町屋のNAS(スポーツクラブ)に再度入りました。
 ジムはロスアンゼルスに住んでいた頃から週末通っていましたが、アメリカにいた頃は、そのころ全盛だったエアロビックのクラス等もとっていました。普通のレベルでも相当ハードなもので、結構トレーニングになりました。その後帰国して入った後楽園スポーツクラブのクラスがものたりなかった記憶があります。
 町屋に引越した後はNASに入って、ほとんどマシンで走ったり筋トレを細々とやっていました。最近左肩が痛んだり、足がしびれたりするので、少し泳ごうかと思い、先週ゴーグルを購入してきました。ということで、今日は久々にNASのプールに行ってきました。前回このプールに入ったのが上海に行く前ですからもう7年くらい前でしょうか。一応25mですが、水深が1mくらいしかないので、ちょっと物足りない感じがあります。ただ、この年になると、ハードな運動をする訳でもないので、ちょうどいいといえばちょうどいいのかもしれません。普段と違う筋肉を使うので、すっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クールビズ

 今の会社では今年から初めてクールビズが採用になりました。周囲は結構とまどっている感じ。先週は比較的気温が低かったこともあり、白いYシャツでネクタイなしのスーツ姿というみょうちくりんな格好が多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴルフコンペ

 昨日は会社のゴルフコンペに初参加し千葉に行ってきました。総勢約100人という大きなコンペに出たのは初めてで、ほとんどの人が年上という状況。かつ雨が降っているというほとんど「仕事」の延長線上のゴルフでした。
 上海から帰国する際にクラブを処分してきたのですが、アメリカで仕事をしていた時に買ったPingのパターとマグレガーのアイアンの中でサンドウェッジだけが引越し荷物に残っていたので、その2本を昨年末に新たに購入したクラブに加えて持っていきました。雨でグリーンが重かったこともあり、パターにタッチがあって、比較的気持ちよくプレーできました。
 100人のスコアーを見てみると、80台で回っている人が7名、90台が25人、100~110が33人、残りがそれ以上という分布でした。雨で全体的にスコアが低いと思われますが、約三分の一が100を切るレベル、約三分の一が100~110、残りが三分の一となっています。おつきあいという観点で考えると、やはり90台で回っておきたいなという感じでしょうか。見方を変えると、約三分の一が好きな人。三分の一がおつきあい程度の人、残りがいやいややっている人といった感じかもしれません。社会の縮図を見たような気がしました。「世の中こうなっている」ということでしょうか。
 以前使っていたマグレガーのミアフィールドというクラブは、ソールが薄いシャープなもので好きなクラブながらなかなか使いこなせませんでした。道具も使いやすくなって、素人でも結構楽しめるようになってきましたので、また少し練習するかなという気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

携帯電話

 先日携帯電話を洗濯してしまったので、今日は有楽町のBIC CAMERAで新しい電話を購入してきました。ネットで機種を見て行ったのですが、最近の電話は高いですね。ネットブックと同じくらいの値段がしました。通信費が月間1000円くらい安くなるそうで、その辺でコンペしているようです。使いこなせるまでにしばらく時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自動車の騒音

 朝家を出ると、明治通りを横断して三河島駅前に出る。休日に散歩したりすると、たまに車が全くいないタイミングがある。三河島の駅をとおりすぎて、しばらく商店街を歩き、右折して七五三通りに入ると両側が大きな桜並木になっており、好きな通りのひとつなのだが、こちらはしばしば自動車が通らない時間がある。
 この間気づいたが、自動車のない通りはかなり静かだ。今ちょっと関心をもっている江戸風情を感じる瞬間でもある。こうしてみると、自動車の騒音は相当に暴力的である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »