« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

宮里藍優勝!

 宮里藍が米ツァーに参戦して苦節4年、ついに優勝しました。欧州での試合でしたが、やはりこれは立派。女子ゴルフの歴史に名を刻みました。上田を筆頭に追い上げが激しい中、不調な時期は時には弱気にもなったでしょうが、めげずにチャレンジを続けたのは大したものです。ますますの活躍を期待したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

白鵬優勝

 今日は暑かったー!午後横になってウトウトしながらラジオで相撲中継を聞くともなく聞いていました。終盤、琴欧州が日馬富士を見事破り、白鵬と朝青龍の一戦が面白くなりましたが、白鵬がしのいで優勝。インタビューを聞いて、白鵬の日本語が深みをましていたので驚きました。
 ラジオで最初の方で、どの一番だったか忘れましたが、解説の武隈親方のことばが印象的でした。「落ちたら落ちたところの相撲しかできないと言われるがよくがんばりましたね」というコメントで、いい話を聞いたなと思いました。自分の身の回りだけ見て生活していたら、それだけの器にとどまってしまうということで、毎日の生活でも志を高く持つべしと、戒めにすべき言葉だと思いました。琴欧州の「自分で二番負けた。」というコメントも潔く、いい名古屋場所でした。地元の琴光喜もがんばりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝焼け

 昨晩10時すぎには寝てしまったので、今朝は4時に目がさめてしまいました。外ではカラスと小鳥のこえがしますが、寝ていた屋根裏部屋の窓のカーテンをあけて何気なく外を見ると、なんときれいな朝焼けでした。2年前に行ったフィリピンのボラカイ島を思い出しました。しばらく眺めているとカラスの鳴き声は遠ざかり、すずめや小鳥ががんばっています。今日は過ごしやすい日になるかな。自宅のインターネット回線からの接続がなぜか遅く、FOMA経由でこれを書いています。一応いつでもどこでもつながるようで、これはなかなか心強いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

箱根から隅田川へ

 昨日は、仕事が終わってから同僚と箱根に行ってきました。パソコンを持っていき、FOMAで接続して記事を書いておいたのですが、スピードが今一で、更新途中でログアウトしてしまったため、やはりアップされていませんでした。残念。
 今日は朝から山を降り、ゴルフをして小田急で夕方町屋に帰ってきました。家に着いて夕食をとっていると、ちょうど隅田川花火が始まりました。といっても、今年は音だけ聞きながらテレビで中継を見ながらビールを飲んでいたのですが、やはり隅田川花火は、足立の花火より大掛かりですね。
 そういえば千代田線で浴衣を着た若い男性がいたのですが、何かぎこちない。身長は私より高かったので180くらいでしょう。ヘッドホンをして一見キメキメなのですが、席に座ってから、膝を女の子のようにぴったりあわせ、浴衣のひざのあたりをしきりに直しているので、腰で決めなくちゃいけないと教えてあげたくなりました。下駄も鼻緒を思いっきり親指と中指の間につっこんでます。下車する後姿を見ると、帯が何となく腰というよりお腹によった、いやはや君でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

箱根

 今日は何年かぶりに箱根に来ました。会社の同僚と社内旅行のようなものですが、ようやくさきほど宴会が終わり部屋に戻ったところです。PCをFOMAでネットに接続したところ、スピードは今一ですが、一応つながりました。8/1からの志賀高原合宿でも使えそうです。明日に備えてもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

足立の花火

 今日は、帰宅後、家族で足立の花火を見物に行ってきました。少し雨もぱらつきましたが、花火の間はやんでくれました。
 町屋の「とね川」でうなぎの蒲焼を買って、尾竹橋まで15分ほど歩き、橋のたもとにシートを広げて隅田川のほとりでビールを飲みながら花火見物はなかなかいいものでした。隅田川花火大会より少し近い分、近状の人たちも随分でかけているようで、地元の花火大会という風情がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クールビズ

 先週の日経新聞に、クールビズでもシャツは長袖で、ジャケット着用がビジネスの常識といったようなことが書いてあった。ケースによってさまざまな選択肢があるはずで、こういったいかにもマナーを教えてあげます風な記事には失笑した。
 また、別のアンケートで、電車内でマナー違反と感じる場合というので、ペットボトルで飲み物を飲むというのがあった。フタ付とフア無しでかなり違うのだそうだ。これもかなり違和感があった。大手町、霞ヶ関あたりのごく限られた場所で過ごしている人にアンケートをとったんじゃないの?と言いたくなってしまった。もっとも、ひろさちやさんなどは、そもそも電車で本を読んだり居眠りするのもいかんと言っていたような気がしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

正露丸

 市販の薬はほとんど使わないが、胃腸薬はたまに飲むことがある。正露丸はいつも家にあるが、この薬、もとは日露戦争の頃に登場した「征露丸」だったそうだ。歴史があるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自分さがしの旅

 「自分さがし」という言葉がよく使われる。私自信は基本的に自分のことなど分かるはずがないと思っているのだが、それでも最近「江戸時代」という言葉をキーワードに、ちょっと気持ちの変化がある。
 今まで主に戦後の意識しか無く、それ以前のことは単に知識の中のできごとでしかなかったが、中国で4年半暮らし、町屋で生活する中で石川英輔氏の「江戸時代はエコ時代」をトリガーに、戦争の前、さらに明治維新の前の時代がしっかり現代とつながった時間だったのだという実感が少しずつわいてきた。この年でこんなことを言うのも笑止千万という気もするのだが、この感覚は私にとって妙に「すわり」がいいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

法律

 仕事で必要になり、ある分野の法律を調べたのだが、いやー細かい細かい。こんな枝葉末節な議論が何に役立つのかと思うくらいのものが沢山ある。いまさらながら法律を専攻しなくてよかったと思った。自分には向いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イヤホン

 夜寝られないときに、ポケットサイズのラジオをよく聞くのだが、イヤホンが壊れてしまった。近くのプラスワンという自称「下町のデパート」で、片耳用の簡単なものを買ってきた。165円也である。家で使うにはまったく問題ない。この間買うのを躊躇したウォークマンのイヤホンが約4500円だった。
 今日はまたかなり蒸し暑かったが、扇風機も1つ、これは赤札堂で買ってきた。2280円だった。きわめてちゃちだが、ちゃんと動いている。女房いわく、「1シーズンでおしまいかな。冬は置き場に困るし。」まあ、2~3年は使えると思うが、エアコンをほとんど使わない我が家では扇風機は必需品なので、安いのはありがたい。普通に使えば火をふくということもなさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サマータイム

 サマータイムを導入するとかないとかいうことがよく話題になる。しかし、日本では江戸時代には、伸縮自在の時間の体系で人々は生活していたらしい。
 明け六つ、暮れ六つという言葉を聞いたことのある人は多いだろう。夜明けを明け六つ、日暮れを暮れ六つと言うそうだ。日が出たあとは五つ、四つとなり、お昼が九つだ。その後八つ、七つとなって暮れ六つである。毎日変えるのは面倒なので、1年を24で割って、その間は同じ時間を使ったらしい。大体15日くらいだろうか。
 ちょっと待ってくれ!そんなことはこの年になるまで知らなかった。いったい江戸時代の日本人はどんな生活をしていたんだろう。興味津々である。例によって石川英輔ワールドである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

梅雨明け!

 ようやく梅雨があけました。今日は帰りがけに、虎ノ門から銀座線で銀座まで出て、明治屋前にあるオフィスデポで黄色のレポートパッドを買ってこようと思って出かけました。オフィスデポは順次店を閉めているため、インターネットでまだこの店がやっているのを確認して行ったのですが、何と店内の商品はか無くなっており、棚がガラガラ。目的のものも無く、ブランドものの2冊1000円弱というものがわずかに置いてあるだけでした。オフィスデポブランドのものは、紙質は悪いのですが、12冊で1100円くらいですので、ここは残念ながらあきらめ、インターネットでオーダーすることにしました。せっかく出かけてきたのに手ぶらはしゃくにさわるので、明治屋でフレンチマスタード(粒入り)を買って、東京駅を横切って大手町から帰りました。結構歩いたので、汗だくだく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

乃木坂

 東京ミッドタウンのサントリー美術館に行ってきました。千代田線で乃木坂まで行くと地上に出たところが新国立美術館です。そこから5分ほどでミッドタウン。意外に近かったです。そこから明治神宮前に移動すると、すぐ上が原宿駅。山の手線で新宿まで行って、予約していた旅行チケットをピックアップ。ウォークマンのイヤホンが壊れたので新宿ビックカメラをちょっとよったものの、高いので今日は見送り、西日暮里にもどり、地下鉄で町屋に戻りました。六本木あたりには久しぶりに行きましたが、相変わらずチャラい感じでどうも肌に合いません。山の手線の中も、東西南北におおまかに区分すると、随分カルチャーが違います。私自身は、どちらかと言えばやはり東よりの昔の江戸の中心あたりと、その周辺が好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋葉原

 最近ほとんど秋葉原に行ってません。何故だろうと考えてみました。上海から帰国し、PCはDELLとSONYのノートブックを買いましたが、両方ともネットでオーダーしました。その他はデジカメ、ウォークマンや無線ルーターを買いましたが、全部有楽町のビックカメラで買ってます。この店はできたとき、この店大丈夫なのかなと思いましたが、今では押しもおされぬ旗艦店です。銀座にも近く使いやすく、大体のものは間に合ってしまうので秋葉原からは足が遠のいているということになります

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

暑い!

 夜8時ですが、29度もある!暑い!蒸し暑い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熱い

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上海小南国

 先週の木曜に銀座(有楽町)の小南国という中華料理屋さんで上海時代の仲間で宴会を催しました。この店、上海の小南国というレストランの日本の一号店ということで、上海にいくつかある店には何回か行ったことがあったので、懐かしい感じがしました。
 銀座店は、料理のサーブの仕方が中国のお店に比べ洗練されているような気がしましたが、それでも店の人は何人か中国の人がいて、気の配りかたなどに中国ならではの雰囲気があり好感が持てました。
 ということで、今日は会社の部の歓迎会にこの店を使ってみました。先日の宴会でマネージャーの女の人と挨拶していたので、途中で料理の出すスピード等、お願いしてうまくやってもらいました。参加した人たちは私より年配の方ばかりでしたが、気分よく食事していただき好評でした。「お客は人につく」という中国流を久しぶりに思い出しながら、ほろよいかげんで銀座を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天才

 「天才とは、こちらも天才になった気にでもならないかぎり、肉迫できない存在でもあるのですよ。」
塩野七生「ルネサンスとは何であったのか」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

通信料金体系

 Fomaの契約の話を書きましたが、ドコモに限らず、通信料のプラン説明は概して分かりにくいですね。チップだけの契約と、通信カードを購入する場合でも料金が違うようです。どういう人がプランの説明書を作っているのかと首をかしげてしまいます。故意に分かりにくく作っているんじゃないかと思うほどです。
 まあ、通信料金自体は10年くらい前に比べれば相当改善はされていますが、それでも料金体系の分かりにくさはちょっと何とかしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

FOMA

パソコンを外出先で使えるように、西日暮里のドコモショップでFomaのデータ通信の手続きをしてきました。携帯電話がFomaなので、それを使ってホットスポット等で使えないかなと思っていたのですが、どうもうまくいかず、PCにFoma接続のモジュールを入れてあるので、結局新規でチップを1枚購入してしまいました。
 帰宅してさっそくVaioにチップをさしこみ、OCNのIDとパスワードの紙を書類の山の中から掘り出して、いろいろ設定をいじってみましたがなかなかうまくいかず、1時間くらいかけてようやく開通しました。自宅パソコンでOCNに接続しながら、同じID、パスワードでFomaからOCNに接続しても大丈夫なようです。8月に夏休みをとって、今年も去年と同じ志賀高原の温泉に連泊しようと思っていますが、テレビの映りも悪いようなひなびた宿なので、インターネット接続等論外でしたが、これでなんとかなるかなと思っています。(そこでも一応携帯電話は通じたので。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »