« 音楽が足りない! | トップページ | 一週間 »

母の死

 金曜の朝母が倒れた。家族から朝電話がありそのまま実家に近い横須賀の病院に向かったが、意識が戻ること無く2日で逝ってしまった。病院で延命措置をしてくれたのだが、病室の母の姿からは、なぜか精神と体が別なのかなという感覚がした。うまく表現できないのだが、意識もなく人工呼吸と点滴だけで心臓を動かしている母の顔を見ていると、母の体は母の精神がこの世に発露するための小舟だったのかなという気がしたのだ。母の精神は、もう体と一体ではなく、今は向こうに行こうかどうか迷っているような。
 病院から遺体を運び出すまでの間、1階の霊安室でお焼香をしたのだが、私がとりあげたお線香にロウソクにかざし火をつけると、その線香だけが折れて短かった。どうしたんだろうと気になったがそのまま手を合わせた。
 一晩あけた今朝、実家のかつて私の部屋だった2階の部屋の雨戸をあけ盛夏は少し過ぎたかなという青空を見上げた時、ふと母が「いたずらしたな」と思った。いろんなヒントをあげたのだから、これから残りの人生の間でよく考えていきなさいと母が言ったような気がしたのだ。

|
|

« 音楽が足りない! | トップページ | 一週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/30985255

この記事へのトラックバック一覧です: 母の死:

« 音楽が足りない! | トップページ | 一週間 »