« 静かな休日 | トップページ | 一勝九敗 »

2009年9月13日 (日)

大地の咆哮

 上海で勤務していたころ、日本からの出張者が置いていってくれた「大地の咆哮」が文庫本(PHP文庫)になっていたので、購入して再度読み返してみた。元上海総領事の杉本信行さんが末期ガンとの闘病生活の中で書き上げた本で、杉本氏はこの本を書き終えてまもなく亡くなっている。現代中国の光と影を、長年の豊富な現地経験に基づき、多くの統計数字等も交えながらストレートに表現し、問題点をクリアーに整理、同氏なりの解決案をきちんと提示してあるので大変説得力がある。中国を知ろうとする人にとっては必読書だろう。このように明晰な分析と対策があるにもかかわらず、現実の世界は多種多様な思惑の中で迷走していることが歯がゆい気もする。

« 静かな休日 | トップページ | 一勝九敗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大地の咆哮:

« 静かな休日 | トップページ | 一勝九敗 »