« 第三の新人 | トップページ | 傘 »

恐るべしGPS

 今朝は台風の接近をうけて雨が降り始めたので、町屋から電車に乗るか、西日暮里まで歩くかちょっと迷ったのですが、小雨だったので西日暮里に向かいました。地下鉄の入り口のちょっと手前、尾竹橋通りに出たところ、私の目の前で60前後のおじさんがタクシーからよろよろっと歩きだし、道の真ん中にドタっと倒れてしまいました。タイミング的に見て見ぬふりもできず、「おじさん、大丈夫?」と声をかけてみましたが返事は無し。タクシーの運転手さんも数秒後に降りてきてあたふたしています。しようがないので、私の携帯電話で119の救急を呼びました。おっさんはメガネをとばしたり、手を切ったりしていましたが5分後くらいにはあぐらをかいて座るところまで立ち直りました。救急車が来るからといったら、急に少し意識が戻ったらしく、「俺はそんなものはいらねえ」とかなんとかわめいて、タクシー運転手にあたりちらしながらよろよろ千鳥足で「俺の家はあっちだ」とかなんとか訳の分からないことを言いながら行ってしまいました。
 運転手さんと、「しょーがねえなあ」とかいいながら、救急車のキャンセルの電話を入れ、一応待っていた方がいいですか?と聞いたところ「もう救急車は出ました。場所はわかってますから、待ってなくていいです。」という返事。「???」と思いましたが、そうこうしているうちに救急車が到着。運転手さんは必死に「事故ではありません」と弁明していますが、一応それでお開きとなりました。やれやれと思いながら地下鉄の階段を降りながら携帯を見てみると、GPSで位置情報提供というサインが出ています。「ゲゲゲ!」と思いましたが、何と携帯の番号からこちらの場所を探知されてました。便利な世の中だとは思いますが、知らないうちに、自分の居場所を正確に誰かに把握されているというのもゾッとする話ではありました。そうこう考えているうちに、地下鉄をひと駅乗り過ごして国会議事堂前まで行ってしまった今朝の出来事でした。やれやれ。

|
|

« 第三の新人 | トップページ | 傘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/31679805

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべしGPS:

« 第三の新人 | トップページ | 傘 »