« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

氷川清和

 勝海舟の「氷川清和」(講談社学術文庫)を読み始めました。話し言葉をそのまま書いてあるのが面白く、これであればこの時代の人とも話ができそうだなという気がしてきます。 それにしてもしばしば死にかかっているのには驚きます。考え方、物の見方、同時代の人たちの見方等、興味がつきません。
 以前松下幸之助の本を読んで、やはり本人の言葉を聞いたり読んだりしないと分からないものだと思いましたが、歴史の中の登場人物としてしかイメージがなかった勝海舟も、現代とつながった人物として認識を新たにできそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スキャニング

 今日は土曜日。先週購入したスキャナー(富士通のScanSnap S1500です)で、名刺やら雑誌やらを少しずつスキャンしています。フィーダーからの給紙が早いので快適です。それだけに、裁断機で雑誌等が簡単にばらせることが効いてきます。ファイルの整理用ソフトもなかなか練れています。こうなってくると、バックアップやら、電子化したデータをどう使っていくのか等々を真剣に考える必要がありますが、いずれにせよいい時代になったものです。やたらとスキャンして、本当に使うのかという疑問もありますが、実際に電子化してみると、いままでとっておきながら殆ど見ることがなかった資料も簡単にパソコン上で見ることができるので、活用度合いが上がるかもしれないなと思っています。うまく使えば強力なツールになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドバイショック

 年内に一つ大波が来ると思っていましたが、ドバイショックですか。ドルも大幅に値を下げました。米国は26日はサンクスギビングで休日。来週以降どう動いていくのやら。来年の大変動に向けたまえぶれでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

裁断機

 裁断機が来ました。かなり重くて場所をとる代物ですが、すごく切れます。1センチほどの雑誌を試しに切ってみたら、さほどの力も入れずにあっさりスパッといきました。これはただものではありません。これとスキャナーの組み合わせで相当紙を減らせそうです。
 一つ顕著にいいことは、今までは捨てるか紙のままとっておくかという選択肢しかなかったのが、電子的にとっておく(=場所をとらない、加工したりメールで送ったり検索等もできる。)という大きな選択肢ができたので、実際に紙を手にとって整理しようという気になることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SCANSNAP

富士通のスキャナーSCANSNAPを購入しました。上海で仕事をしていた際に、会社に入れたことがあるのですが、その時もデモを見せてもらい、かなりこなれた製品という印象がありました。今度は個人用に買ってみました。スキャンの速さがなかなかいい感じです。今日のところは、とりあえずセットアップと試しスキャンをしてみましたが、これはかなり使えそうです。一緒に楽2ライブラリ‐というソフトも入れましたが、バインダーに書類を綴じてあるイメージで1ページずつパラパラめくれるので面白いです。
 今晩は文芸春秋の切り抜きをスキャンしてみましたが、ヘナヘナな用紙に加え、手で破ったものですが、フィーダーできちんと取り込めました。かなり高性能です。
 ただ、文芸春秋は縦書きなので、楽2に取り込む時と、通常のファイルでとっておく時の順序が逆になるような気がします。うまい方法が無いか考えてみたいと思います。いずれにせよいろいろ機能があるので、しばらく楽しめそうです。スキャンしたら紙は捨ててしまうので、データバックアップをよく考えておく必要があると思います。あとはどんどん増えるデータ量をどうこなすかでしょうか。
 仕事上も同様な仕掛けを使っていきたいのですが、まずはパーソナルユースでやってみて使えそうなところを仕事に応用していければいいかと思っています。明日は裁断機がデリバリーされると思うので、それは屋根裏部屋に設置して、今後の作業に備えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風邪をひいた

 ちょっと風邪っぽいかと思っていたら、一気にきました。昨日はのどと鼻がやられ、頭痛もしたので、昼すぎから横になっていました。たくさん着こんで布団も何枚もかけてマスクをしたまま寝ていましたが、ひと汗かいたらなんとか回復してきたようです。弱ってきた体を休めるいい機会だと思って寝ていたのですが、散々な勤労感謝の日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

休日二日目

 今日はかなり寒かったです。何となく風邪っぽい気もしたので、今日は一日家にいるかと思い、午前中はウダウダしていました。それでも、本を何冊かかわるがわる読みつつこのブログを印刷するオーダーを入れたり、スキャナーをアマゾンでオーダーしたりと、こまごまやってました。スキャナーは安い買い物ではないので、かなり迷いましたが、思い切りました。ついでに裁断機も買ってしまいました。雑誌やパソコンのマニュアル、はたまたカードの明細等々紙の山になっているのをやっつけてしまおうかという魂胆です。このもくろみがうまくいったら私にとっては結構画期的なことになりそうな気がします。
 一方で、ブログの印刷というのは、せっかく電子的に書いているものをわざわざ一冊の本にしておくという、これまた電子化とは逆行する動きなのですが、種々雑多な情報は電子化し、自分の頭を通したアウトプットは紙にしておくというイメージでしょうか。ブログの記事が300になった際に一回作っておいたのですが、見返してみるには結構いいものだったので、続く300記事を今回本にしておくつもりです。
 午後は乗らない気持ちにむち打ってジムに行ってきました。とにかく何か動いてみようということで、ノロノロと少しずつ動いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カスピ海ヨーグルト

 浜松町で講演を聞いた後、家内から頼まれていたカスピ海ヨーグルトを買ってから家に帰りました。名前は知っていましたし、カスピ海ヨーグルトの種(?)から作った自家製ヨーグルトをしばらく飲んでいたこともありましたが、店で買ってみると、これがうまい!このモチモチ感は、しばらくクセになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本がたまる

 先週は面白そうな本をいくつか手に入れました。定期購読の雑誌も何冊かたまってしまい、この連休は楽しみな休みになりました。
 と言いつつ、今日は浜松町に藤原直哉氏と土橋重隆氏の講演会を聞きに行ってきました。藤原氏の話は、「まず自分にとっての幸せとは何かを定義しよう」というところから始まり、「現代は昨日と同じように生きていくことができない時代」、「いかに生きていることを満喫するか」等々示唆に富むものでした。土橋氏は「その人がおかれた空間が病をつくる」、ガンについては「自分で変化する人が治る」、「不安と恐怖が病を悪化させる」等々。彼らの視点は、「低エネルギー型循環社会」、「江戸時代」、「森林」といったキーワードで新しいライフスタイルを模索したいという私の興味にもかなりオーバーラップしてきます。
 長年、日下部公人、大前研一等の著作、発言をウォッチしてきましたが、ここにきてようやくニュージェネレーションの息吹を感じます。これから面白くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寒い!

 今日は寒かったです。朝家を出る時コートを着るかどうか迷って、やめておいたのですが失敗しました。会社についたら何となくゾクゾクしてきました。午前中は上着を着て過ごしていたので、ようやく普通の体調に戻ってきた感じでした。寒さに弱くなったなあと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木を植えよ!

宮脇昭氏の「木を植えよ!」(新潮選書)を読みました。
すごい人がいるものです。大いに共感しました。新しいライフスタイルの指針になりそうなインスピレーションを与えてくれます。

「鎮守の森」が地球を救う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

事業仕分け

 現在「事業仕分け」が行われています。テレビでも状況を放映していました。一般企業であればこういった審査は当たり前だと思うのですが、見ていると仕分け人も品が無い。説明者も言葉につまったり、いい年をした人たちがやりこめられて見るにたえません。彼らの家族もいたたまれないでしょうね。公開の見世物のような感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

万歩計

 この3日ほど、また万歩計で1日の歩数をはかってみました。いつも歩く道なので大体の歩数は分かっているのですが、やはり数字で出ると、おっくうながら帰りも西日暮里から歩くかな等と思ったりします。何もないとつい易きに流れてしまいますが、これも万歩計の効用です。それでもなかなか歩数というのは伸びないものですね。今日は千駄木から帰ってみましたが、西日暮里から歩いた時に比べて1300歩くらいしか違いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日暮里駅前

 先週勤務先の歓送迎会があり、やや体調が悪いところにお酒を飲みました。帰宅途中の電車の中で、ちょっとゾクゾクした感じがしたので、途中で麺でも食べて体を温めるかと、西日暮里で千代田線を降り、日暮里に寄り道してガーデンタワーにある坦々麺の店を目指しました。
 その店は開店したてのころ入って結構おいしかったのでマークしていたのですが、残念ながら既に閉店となっておりました。黒ゴマ坦々麺というのをそのうち食べておこうと思ったのですが残念!店の跡地は二分割されたようで、片方に立ち食いそばの店が入っていたので、そこで天玉そばを食べておきました。立ち食いといっても、富士そばと同じで、止まり木があって座れるのですが、席の目の前に「荒川満点メニュー」のポスターがはってありました。これは荒川区の肝いりで、女子栄養大学短期大学部という所がサポート、荒川区内の飲食店に栄養のバランスのとれたメニューをお手軽価格で設定するというプロジェクトなのですが、その店では「おきあみとちくわのかき揚げおろしそば340円也」ともう一品が満点メニューになっておりました。最初にそれを見ていればとこれもまた悔やまれました。今度は、そのうちにと思っていたら店がなくなっていたなんてことにならないように祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自己改革

 しかし、いかなるシステムにも生命はある。カルタゴを降して地中海世界の覇者になったローマに、勝者の混迷が襲う。理由の第一は、いかなるシステムも避けることのできない動脈硬化現象。第二は、勝者になったがゆえの、直面する問題の質の変化。
 それまでプラスに機能していたと同じものが、環境の変化によって、マイナスに機能するように変わったのである。
 人間にとっては、ゼロから起ち上がる場合よりも、それまでは見事に機能していたシステムを変える必要に迫られた場合のほうが、よほどの難事業になる。後者の場合は、何よりもまず自己改革を迫られるからである。自己改革ほど、とくに自らの能力に自信をもつのに慣れてきた人々の自己改革ほど、むずかしいことはない。だが、これを怠ると、新時代に適応した新しいシステムの樹立は不可能になる。

 「ローマ人の物語12」塩野七生(新潮文庫)より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

GPS

以前、救急車を携帯電話で呼んだら、GPSで消防署から位置確認されていたという記事を書きましたが、iPhoneなどのGPS機能を内蔵するデジカメの写真からも位置が特定できるという話を聞きました。撮影場所の位置情報が写真データに自動的に埋め込まれるので、ブログなどにこの写真を載せると、撮影した位置情報が特定されるのだそうです。機能を解除しておけばいいようですが、無意識に機能オンにしているケースも多いのでしょう。便利な世の中になりましたが、思わぬ落とし穴があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

江戸川

 今日は所用があり、京成線の江戸川まで行ってきました。冬のような寒さでしたが、お昼すぎに帰宅しようと江戸川駅で電車を待ちながら川向こうを望むと、澄み切った青空に低い雲が少し浮かんだ川べりが大変きれいでした。遠目に和洋女子大のブラウンの建物と、周辺にいくつか高いビルが臨めますが、その手前、江戸川沿いにこんもりとした森が続いており、その緑が空の青、雲の白とあいまってのどかな絵のような景色でした。

20091103

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

価値観の多様化

 価値観が多様化している時代という表現は、私が物心ついた頃から聞いていたような気がしますが、ネットで容易に情報がやりとりできるようになったこの10年たらずの間に、大きく様子が変ったように思います。ネット上のバーチャルな世界では、多様なではなく、まさに一人一人が各々の価値観で生きているような状況が発生しています。リアルな世界とネット上の世界のバランスのとり方という新しい課題は私達が初めて経験するものかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »