« 寒い! | トップページ | カスピ海ヨーグルト »

2009年11月21日 (土)

本がたまる

 先週は面白そうな本をいくつか手に入れました。定期購読の雑誌も何冊かたまってしまい、この連休は楽しみな休みになりました。
 と言いつつ、今日は浜松町に藤原直哉氏と土橋重隆氏の講演会を聞きに行ってきました。藤原氏の話は、「まず自分にとっての幸せとは何かを定義しよう」というところから始まり、「現代は昨日と同じように生きていくことができない時代」、「いかに生きていることを満喫するか」等々示唆に富むものでした。土橋氏は「その人がおかれた空間が病をつくる」、ガンについては「自分で変化する人が治る」、「不安と恐怖が病を悪化させる」等々。彼らの視点は、「低エネルギー型循環社会」、「江戸時代」、「森林」といったキーワードで新しいライフスタイルを模索したいという私の興味にもかなりオーバーラップしてきます。
 長年、日下部公人、大前研一等の著作、発言をウォッチしてきましたが、ここにきてようやくニュージェネレーションの息吹を感じます。これから面白くなりそうです。

« 寒い! | トップページ | カスピ海ヨーグルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本がたまる:

« 寒い! | トップページ | カスピ海ヨーグルト »