« スキャニング | トップページ | バランス感覚 »

2009年11月29日 (日)

氷川清和

 勝海舟の「氷川清和」(講談社学術文庫)を読み始めました。話し言葉をそのまま書いてあるのが面白く、これであればこの時代の人とも話ができそうだなという気がしてきます。 それにしてもしばしば死にかかっているのには驚きます。考え方、物の見方、同時代の人たちの見方等、興味がつきません。
 以前松下幸之助の本を読んで、やはり本人の言葉を聞いたり読んだりしないと分からないものだと思いましたが、歴史の中の登場人物としてしかイメージがなかった勝海舟も、現代とつながった人物として認識を新たにできそうです。

« スキャニング | トップページ | バランス感覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷川清和:

« スキャニング | トップページ | バランス感覚 »