« 政局 | トップページ | 電子化 »

イングリッシュネーム

 あるブログを見ていたら、語学学校で周りにいた韓国人が皆イングリッシュネームを持っていたのに驚いたという記事があった。韓国の人の名前は覚えるのが大変なので、助かったという感想と、自分も何か考えておけばよかったと思ったという気持ちもあったというコメント。ただ、語学学校の最後にツアーで出会ったヨーロッパ人から、アジア人はなぜイングリッシュネームを使うんだという話題がよく出たという。自分の名前に誇りはないのかと。結局、自分の名前で通してよかったかなと結論づけている。
 私自身も、ファミリーネームはアメリカ人も発音しやすいようだったが、ファーストネームの方は、中に含まれるZが発音しにくいらしく、アメリカ人からは殆ど覚えてもらえなかった。(ビジネス上のつきあいが殆どだったという事情もあるが。)中国語にいたっては、姓名ともに日本人でも変な音と感じる始末。、
 一方、家内と子供達の方は英語でも発音しやすかったようだ。英語で分かりやすい名前というのもインターナショナルなコミュニケーションには役にたつものだ。

|
|

« 政局 | トップページ | 電子化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/32754503

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュネーム:

« 政局 | トップページ | 電子化 »