« いい天気の日曜日 | トップページ | 伊勢佐木町 »

2010年1月25日 (月)

落語

 昨日図書館から借りてきた古今亭志ん朝と桂枝雀のCDを聞きましたが、やはり面白い!残念なのは、とくに枝雀の方は、顔とアクションが見られないこと。面白さが何分の一かになってしまいます。You Tubeにも随分出ていますので、それらを見ると雰囲気を思いだすことができます。
 実際に寄席で落語を聞くと、「まくら」の部分が結構長く、かつかなり面白いことが多いようです。お客さんの興がのってきたところで、羽織をはずし、いよいよ今日の演目に入るという段取りになりますが、このあたりの所作がなかなか粋な感じがします。これがテレビ等では時間の制限がかなりあるのだと思いますが、一言二言で終わってしまうこともあります。また、生で聞くと噺家の声のよさにも感心します。一人でよくあれだけお客さんをひきつけることができるものだと思います。最近聞いたところでは、若手といってももう中堅ですが、古今亭菊之丞などはいいですね。
 そうこう言っているうちに、また寄席に行きたくなりました。会社帰りでも途中からなら入れるので、そのうちまた行ってみようかとCDを聞きながら思いました。

« いい天気の日曜日 | トップページ | 伊勢佐木町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語:

« いい天気の日曜日 | トップページ | 伊勢佐木町 »