« パジャマでの外出 | トップページ | 涙をこえて »

クラシックコンサート

 今日は子供の受験が終わったので、家内と子供2人で東京シティ・フィルハーモニックのコンサートに行ってきました。何年振りにクラシックコンサートを聞きましたが、演目もメンデルスゾーンの交響曲4番、同じくヴァイオリン協奏曲、レスピーギの「ローマの松」と多彩で楽しめました。
 ヴァイオリンの漆原朝子さんのソロも情感豊かで見事でした。ヴァイオリンコンチェルトが2番目だったのですが、その後でアンコールの一曲を弾いてくれたのが面白かったのと、その後「ローマの松」のために席を整えたり打楽器を入れたりする間、指揮者の矢崎彦太郎さんがマイクで漆原さんと少し話をして場をつないでいたのがカジュアルな感じで好感が持てました。日本のクラシックコンサートも随分変わってきたものだと思いました。
 最後の曲はパイプオルガンも入って大音響で盛り上がりました。東京芸術劇場は初めて行きましたが、外は少し雨がふっているようだったので、地下道で池袋駅に向かいました。町屋について地下鉄を出ると、雪が少し舞っていました。

|
|

« パジャマでの外出 | トップページ | 涙をこえて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kazu様
ご無沙汰しています。今自分なりに「どこでもオフィス」を模索していますので、i-Phoneについては少しずつ様子をお伝えしたいと思います。

投稿: sasaki mizuki | 2010年2月22日 (月) 20時46分

東京芸術劇場は、地上を歩いて行くと、「渡って戻って」と少し面倒くさいのですが、確かに地下道はあっけないくらいすんなり行けますね。ただ、大ホールまでエスカレーターが長いですね。

投稿: kazu | 2010年2月 5日 (金) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/33239836

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックコンサート:

« パジャマでの外出 | トップページ | 涙をこえて »