« 涙をこえて | トップページ | 仕分けで鍛える説得力 »

何かおかしい

 数十年前に就職して数年の間、社会人になって右も左もわからぬなかで、会社の目標、経営者や年長者のいろいろなメッセージや叱咤激励(といっても殆どが「叱咤」で激励は殆ど無かったように思います。そういう時代でした。)を聞いていて、「何かおかしい」という気がいつもしていました。
 今朝は子供の中学が決まって最初の日曜だったのでのんびり部屋の片づけをしながらラジオを聞いていたのですが、たまたまNHKの日曜討論をやっていました。あいかわらず政治と金の話等をいい年をした各党の幹部が議論(?)していました。常識的にみておかしい話が糊塗され、それをめぐってつまらない話がどうどうめぐりしています。
 ふとコンピューターのプログラミングの世界との比較が頭にうかびました。コーディングをしていると、たとえば見た目で同じスペースがあいていても、半角のスペース2個と全角のスペース1個の違いで動かなかったりします。その意味ではウソのきかない世界です。
 インターネットの進展で、たとえば政治の世界でも以前とは比較にならない程の情報が広くいきわたってきます。政治家の表情もクリアーに見ることができますので、その意味で、つまらないウソ、ジェスチャーが簡単に透けて見える場面が増えました。「知らぬが花」と言いますが、知ってしまえば、偉そうにしていても大した人たちではないことが分かってしまう。昔は通用した小細工が簡単にばれてしまう。そんな状況になってきました。
 ITの技術の世界では真摯にデジタルな現場に向き合う必要があります。その一方で、極めてアナログで「ふまじめな」世界が並存している面白い時代、そのバランス感覚をどう考えていくかをよく考えなければいけない時代だと思います。逆に、IT分野の人たちの性向を考える時にも、この点は一つのヒントになるものと思います。

|
|

« 涙をこえて | トップページ | 仕分けで鍛える説得力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/33281396

この記事へのトラックバック一覧です: 何かおかしい:

« 涙をこえて | トップページ | 仕分けで鍛える説得力 »