« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

手紙 

 久しぶりに改まった手紙を二通手書きしました。ワープロで下書きして、万年筆で書きましたが、結構疲れました。そういえば字を書いてないなあなどと思いながら、まず便箋と封筒を買ってくるところから始め、書き損じもあったりして結局二時間以上かかってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運動会

 今日は一番下の娘の運動会でした。中学受験がようやく終わり、最初の全校の行事ということで、朝からでかけてきました。学校は上の二人の子供も通っていたところですが、久しぶりに行ってみると、校庭の裏にあったうっそうとした木々が無くなり、ひな壇に整地されてツツジが植えられていたのにはびっくりしました。何か不都合なことがあったのかもしれませんが残念でした。
 今日の天気は肌寒いくらいでしたが、午後少し雨がぱらついたものの全てのプログラムを終了しました。晴れていた方が盛り上がると子供も残念そうでしたが、皆元気に走り回っていました。久しぶりに学校の雰囲気に触れ、子供達の元気な姿を見て一日過ごしたことで日常の生活とはまた別の世界があることを思い出し気分転換になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

快晴

 今日は日中本当に気持のいい日でした。空は快晴。空気も少しひんやりとして、年に何回かあるかないかの天気でした。朝早い時間は太陽も低いので、光がななめにさして景色も輪郭がはっきりしているように感じます。出勤時に傘を持っている女性がいたので、あれっと思いましたが、それは日傘でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Twitterとブログ

 現在とりあえずTwitterとFacebookを連動させています。ブログもTwitterと連動させようかと思いましたが、どうもこれは違いますね。両者の特性が違うので、同じ内容にしてもしようがないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

USTREAM

Twitterと抱き合わせでかなり面白いコミュニケーションツールだと思います。
が、誰とは言いませんが超有名人がプライベートの飲み会を中継したりしているのは失笑してしまいます。何を言いたいのやら・・・。人間のやることですから玉石混交というのはどこでも同じですね。
 ネットの世界はスピードが速くオープンに情報が伝達されるのが利点ですが、それは逆に、あまりよく物を考えないうちに抑制もきかずに情報があっと言う間に広がったり、重要な判断に影響したりする懸念があるということにもなります。
 ちなみに中国の友人によるとTwitterは中国からは見られないと言ってました。多分Facebookも。上海に滞在していた間、いろいろなサイトが遮断され、回線状況も悪く難儀をしたのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

時の流れ

 昨日は大学のクラブの同期生と「同期会」を行いました。この数年、年に2回開催しており、この時期は土曜日に大学近くで、もう一回は金曜の夜に適宜の場所で開催しています。
 今回は、遠方から来た人たちもあり、日中は大学に戻って教授となっている同級生の研究室を訪ねたり校内探訪した後、かつてよく行った大学裏の浅野屋というそば屋さんで昼食をとりました。「感じのいい奥さんがいたんだよね」とかいいつつ店に入ると、何と今もかわらず奥さんが元気に店に出ていました。もうン十年なので、さすがに相応の「お年」ではありましたが、それはこちらも同じこと。一同学生時代に思いを馳せました。
 その後、大学横にできているカフェで3時間近くあーだこーだと雑談。その後クラブの部室に行ってみたところ、なんと当時の「連絡帳」がずらりと残っていました。部室自体が別の建物に引っ越していたのですが、このようなノートがちゃんと保存されていることに感激。中をパラパラ見ていると、当時が昨日のように思い出されました。一冊の巻末には「飛び出す絵本」ばりの絵がとびだしてきて、忘れていましたがこれは自分が作ったものだなとビックリ。曰く「試験終わった!」のマンガでした。
 おしまいはかつてコンパで使っていた金城庵という店の座敷で飲み放題。ぐったりしながらも更に議論が白熱した夜となりました。思わぬ展開で、充実した一日になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

自己啓発

 Twitterのプロフィールに、「セールスおよび自己啓発的なツウィートはフォローしません」と宣言している人がいた。なるほど「自己啓発的なツウィートねえ」と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あをによし

 先週末、土曜日曜で京都と奈良に行ってきました。上海で同じアパートにいた台湾の家族の娘さんがカナダ留学を経て、今は慶応大学に留学しているので、家内と子供と一緒に京都、奈良を案内しました。
 土曜に京都に入り葵祭を見学、その後清水寺等を散策し、日曜に奈良に移動。平城遷都1300年祭ということで、平城宮跡に行ってきました。京都とはうって変って、奈良はゆったりとした都です。平城宮跡には朱雀門、大極殿をはさんで広大な草原が広がっています。とにかく空が広い!吹きわたる風もどこかさわやかです。木陰でお弁当を食べてのんびりした後、当時の着物を貸してくれるというので、全員でちょっとしたコスプレ体験をしました。やや照れくさい感じでしたが、ゆったりとした衣装をまとうと、不思議に気分もゆったりした感じ。1時間ほどその格好であたりを散策してみました。途中観光客の人から記念写真をとられたり、なかなかいい経験になりました。
 「あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

孫正義 vs 佐々木俊尚

 昨晩の 孫正義 vs 佐々木俊尚 対談をUSTREAMで見ました。と言っても、8時に始まり結局5時間近くやっていたようで、最後は居酒屋でおじさん2人が会話しているよな感じになってきたので(途中でお二人はワインを飲みながら話してましたので)11時半くらいで離脱してしまいました。
 まず、孫氏が用意周到にプレゼン資料を用意して、相当な熱意でこの対談に臨んでいたことが感じられました。経営者として確たるビジョンを語っていましたが、既存のメディアでは伝わってこない本音がかなり出ていたのが印象的で、USTREAMの威力を感じました。時代は動いていますね。
 もう一つ、小山龍介氏や川井拓也氏のコメントがTwitterのタイムラインにリアルタイムで流れてくるのが面白かったです。小山氏は的確な意見を短い文章にこめられているなという印象。川井氏はいつもの飄々とした語り口です。
 佐々木氏の方は、私が聞いたところまでの印象としては、同じ土俵で建設的な議論を組み立てられなかったなという感じがしました。小山氏がコメントしていたとおり、ジャーナリスト的な批判的スタンスの発言に終始していた感がぬぐえません。私も「電子書籍の衝撃」等を読んで佐々木の発言には注目していたので残念です。氏はさっそく、まとめを書かれたようなので、後で読んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

引っ越し

 と言っても、携帯電話の電話帳の引っ越しです。ドコモ携帯からiPhoneに電話帳を移植しようと作業中。
 まずは携帯とPCをつなぐケーブルを購入。これはMyDocomoのサイトからオーダーしました。次にDOCOMOのサイトからDatalinkというソフトをダウンロードしておきます。指示に従って携帯からPCにデータをダウンロード。保存されているメールも全て移せます。ここで、携帯の暗証を聞かれるのですが、それを忘れていて難儀しました。何通りもやってみましたがどうもうまくいかない。4から8桁ということで、8桁のパスワードをいつも使っているパスワードの数字で適当に組み合わせたら通りました。
 ここからiPhoneへの移植はいくつか方法があるようですが、私はCSVではきだしてG-Mailにインポートする方法を使ってみました。
 それをどうやってiPhoneに移すかが分かりませんでしたが、少し調べてみるとPC上のiTunesを操作すると、G-Mailの「連絡先」データと同期させることができました。
 ただ、そのままだとG-Mailの連絡先のメモからiPhoneにメモとして反映するだけなので、G-Mail上で連絡先のテンプレートに必要な情報を入れ込んでやる必要があります。それをiPhoneに同期させる。さらに、iPhone上で各連絡先の名前、よみがな等を整えてやるという作業が入ります。iPhoneの連絡帳の並びは、名前のよみがなであいうえお順に並べているようなので、ふりがなをきちんとふります。
 とまあ、これで何とか作業手順は確定したので、あとはひたすら作業するのみとなりました。終わったところで、この携帯は家内用にしようかと思っています。iPhone一本にして逃げ場をなくそうという作戦です。おりしも今日はiPadの購入予約が始まったそうで、そちらもちょっと興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

往来のにぎわい

 Twitterのタイムラインを眺めていると、まさに往来のにぎわいを眺めているような気がします。これだけのツイ‐トの流れに手をさしいれてすくいあげてみれば、手の中にキラリと光る砂が残ります。このフローのスピード感は心地よい。
 私がこのブログを書き始めたのが2007年5月13日ですから、かれこれもう3年。記事数ももうすぐ1000件になります。1日1つと思っていましたがそれには及ばずで、内容もあいもかわらず備忘録的な今風に言えば「つぶやき」の自己満足でしかありませんが、Twitterの登場で一つ時代が変わってきたなという感じがします。これからもまだまだ面白いぞ前向きな気持ちになるのです。

arakawamachiya

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勝間vsひろゆき その2

今度は 勝間vsホリエモンvsひろゆき の鼎談をやるそうです。
この「おかまいなし感」がすごい。

ちなみに勝間vsひろゆき対談のYoutube動画は削除されてますね。著作権か何か知りませんが、この「あわてよう」に逆に失望します。溝は埋まりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しあわせは

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」  ・・・相田みつをさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

霞ヶ関界隈

 天気がいいので、子供をつれて霞ヶ関の官庁街を散歩してきました。子供が中学受験の準備をしていた時に、社会の教科書に各官庁の役割が出ていたので、一回実際に見てこようかと言いつつ行けずじまいになっていたものでした。
 千代田線の日比谷で降りて、日比谷公園で持参したお弁当を食べ、弁護士会館あたりからぐるりと回ってきました。私の現在の勤務先も近かったので、ビルだけ見せておきました。国会議事堂周辺は人もまばら。いくつかの官庁ビルの屋上にこいのぼりがなびいていたのが印象的でした。外務省の庭に銅像がたっていたので、警備のおまわりさんに尋ねたところ分からないとのこと。iPhoneを持っていたなと思いだし、ネットで調べたら陸奥宗光でした。新緑の季節。気持ちのいい日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勝間 vs ひろゆき

 先日ここでも紹介した勝間和代氏と西村博之氏の対談はネット上で大盛り上がりでした。以下のような論評もありました。勝間vsひろゆき 論評
 私としては話の中ですっきりしなかったのは、ネット上の匿名性の議論。二人の議論はまったくすれ違いでしたが、最後勝間氏が「コストの問題」という切り口で決着しようとしたのはちょっと稚拙な印象がありました。問題が発生した時のトレースのコストが実名の方が安上がりといった言い方をしていましたが、この観点からだけ言えば、西村氏からプロバイダーの調査という点では実名でも匿名でもコストは同じでしょと言われても仕方がありません。この問題、事の本質はそういう話ではないと思いますので、勝間氏としては話の誘導の仕方を間違えました。
 西村氏がどういう人か知りませんが、ネット社会に深くかかわり、よく物を考えていることがうかがえます。こういう人たちに勝間氏は前時代的、パワハラ的な上から目線で臨んでいる訳ですが(かつ言っている内容が上記のように今一)、こういう構図は現在いたるところで目につくようになってきた感じがあります。時代の変わり目かなと、大変愉快です。私もこの話題をTwitter上で知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

銀座柳まつり

 今年はきちんと日にちを調べておきました。マーチングバンドのパレードが12時15分からということもチェックして出かけたので、かなりの数のチームを見ることができました。
 ドラムのビートがきいたバンドが迫力ありますね。中学校、高校、大学、一般とおそらく20以上のチームが参加していたと思いますが、中学生が随分がんばっていました。以前も印象的だった日本橋中学は、いつも通りお江戸日本橋の曲からスタートしていました。何枚か写真もとったのですが、サイズが大きいようでこのブログには貼れませんでした。残念。
arakawamachiya

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ネットで調べる

 iPhoneのiPodに、今までPCに入れていた曲をコビーしました。が、連続再生してくれない!
 ということでネット検索したら、一発でありました。再生画面の上の方をタップすると、設定切り替え用のアイコンがありました。これですっきり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国債のこと

 日本の国債について、その90%ほど国内で購入されている一方、国内には個人金融資産が1400兆円あるので大丈夫という議論があります。さっきふと思ったのですが、ということは、日本国債が暴落しても諸外国にとっては別に痛くもかゆくもないということになるんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

生活パターンが変わってきましたね

 今年になってデバイスとしてiPhone、ソーシャルメディアとしてTwitterを使い始めたので、以前は自宅のPCは①G-mail、②ブログの順で開いていましたが、これらについては今はiPhoneでかなり処理できるということで、Twitterをまず開くようになってしまいました。TwitterはiPhoneでも見られるのですが、タイムラインはやはりPC画面上を流しておいた方が見やすいと思います。Facebookもアカウントを開いていますが、今のところTwitterと同期させているだけに留まっています。何かの機会にもっと活用できればなと思っています。
 SugarsyncやGoogleカレンダーといったツールを使って、使用している各デバイスの間で情報を同期しているので、頭の整理がしやすくなって気分が軽やかになってきました。多少は「どこでもオフィス」のノマド的な環境が個人的に整ってきたのかなと思っています。自宅のPCはヘビーな作業をする時に使うよう特化してきたような気がします。
 外に出る時は3Dの万歩計をポケットに放り込んでおけば、日が変われば自動的にリセットして1週間分の歩数を記憶してくれるし、腕時計はソーラーの電波時計で手間いらずで秒まで正確に動いていますし、この数年で随分自分自身の生活パターンが変わってきたように思います。以前、だれかが(野口悠紀雄さんだったかな?違うかな?)「年齢的にこのようなデジタルの社会にかろうじて間に合った」といった趣旨のことを書かれていましたが、あれから既に10年近くはたっているように思いますので、その後もビックリするような変化が起きています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映像の力

Twitterでも話題になっていた対談。
それにしても絵で見ると情報量が全然違いますね。かなり中身が透けて見えます。ある意味こわいですね。

勝間 vs ひろゆき 1/3
勝間 vs ひろゆき 2/3
勝間 vs ひろゆき 3/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三浦半島

 久しぶりに三浦半島の海で風に吹かれたらリフレッシュしました。磯浜ではカニやヤドカリが山ほどいて面白かったです。さきほど町屋に帰宅。手狭な自室でごそごそやってますが、養老孟司氏の言うように都市は脳化しているという感覚を実感します。自然から遠ざかったヴァーチャル感。この「いったりきたり感」にバランスをとる必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士山の見える露天風呂

 京急城ケ島ホテルにある露天風呂です。
 お風呂だけでも1000円で利用できます(京急のいろいろな周遊チケットを利用すれば2割引になります)。大広間を休憩所として利用させてくれるので、昼寝もできます。海で遊んでひと風呂あびて海の見える大広間でのんびり。いいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地下鉄にて

 昨日の朝千代田線で出勤途中、高校生くらいの女子が電車に乗り込んできたと思ったらドアの前に気分が悪そうに座り込みました。何か様子が変だなと思っていたのですが、しばらくしたところで隣に立っていた年配のサラリーマン風のおじさんに「次、大手町ですか?」と聞いています。おじさんはとまどいながらも「ええ。」と答えます。女の子は「ちょっと手を貸してもらえますか?」と頼み立ち上がらせてもらっています。おじさん心配して「大丈夫?」と聞いています。「いろいろあって、学校に行きたくないんです。」と女の子。それを聞いたおじさんは「それは自分で解決するしかないよ。」とつぶやいています。「でも。」と女の子。おじさんは再び「それはね、自分で解決していくしかないんだよ。」と言って、大手町で降りて行きました。女の子の方はふらふらした足取りでやはり大手町で下車。病気かなという感じの、ちょっと普通でない印象がしました。
 30秒ほどの間の出来事でしたが、自分だったらどう対応したろう、何と答えたろうと考えさせられました。

| | コメント (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »