« 夜明け頃 | トップページ | デフレ不況の正体 »

旅の生活

 以前も書いたことがありますが、旅行や出張をすると、いろいろな制約の中で旅の生活をおくる必要があります。荷物が限られているとか、使えるお金が限られているとか、ホテルの部屋が狭いとか。そういった旅から帰宅すると、いかに普段の生活が不自由ないものかを再認識し、逆に普段の生活をもう少し「身軽」にしようかな等と思います。旅慣れた人というのはそういった軽やかさを身につけた人とイメージしています。
 最近、持っている本を電子化したりしています。家が狭いので置き場が無いというのが第一の理由ですが、インプット重視からアウトプット重視に少し頭が切り替わってきたかなという気がします。裁断してしまうのがもったいない本も沢山あるのですが、そうでない本もいっぱいあります。まずはそんな所から手をつけてます。おそらくそこに書いてある情報はもはやネットでも調べられるでしょう。考えるべきは、ためこむよりもそれをどう消化して自分なりにアウトプットしていくか。
 話がずれてしまいましたが、「旅」はいろいろなしがらみがまとわりついた日常生活を見直してもっと「身軽」になることを考える機会になるかなという話でした。

|
|

« 夜明け頃 | トップページ | デフレ不況の正体 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/36198636

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の生活:

« 夜明け頃 | トップページ | デフレ不況の正体 »