« 女子バレー | トップページ | ”戦艦”の乗組員から”ボート”の船長になる »

本の電子化

 蔵書をスキャナーで少しずつPDF化しています。結構手間な作業で、全然はかどっていませんが、やっていると、気がねなくバラしてPDFできる本と、そうでない本があることに気付きます。
 マニュアルやノウハウ本、時々参照用にしか使わない本は殆ど良心の呵責なくカッターで裁断してスキャンできます。その他の本はケースバイケース。パラパラっと見直して、「意外にいいことかいてるじゃん」と思って、とりあえずバラすのをやめた本も結構あります。あとは、いわゆる豪華本というか、立派な写真集等は大きさの関係もありますが、ちょっとPDF化したくないなという感じ。とりあえず全者のPDF化だけでも結構身の回りが片付くので、その作業を進めていこうかと思いますが、こう考えてみると、「電子書籍」の議論も、白か黒かの話ではなく、電子書籍の技術を前提にしていろいろな工夫ができるという方向性かなという気がしてきます。
 電子書籍側でもいろいろな工夫をしていく必要があるでしょうし、紙で是非見たいというものもあるし、書店も当然無くならないでしょう。それぞれが形をかえて全体のサービスを形成していくことになるんだろうなと思います。

|
|

« 女子バレー | トップページ | ”戦艦”の乗組員から”ボート”の船長になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/36419982

この記事へのトラックバック一覧です: 本の電子化:

« 女子バレー | トップページ | ”戦艦”の乗組員から”ボート”の船長になる »