« 志賀高原 | トップページ | 女子バレー »

2010年8月26日 (木)

インプットとアウトプット

 「見たい、知りたい、分かりたい」というのは、塩野七生氏によるルネッサンス精神の表現の一つですが、その衝動をいろいろな形で表現しようとするプロセスで成し遂げようとしたとしています。
 情報の洪水の中に生きている私達にとっても、これは一つ大きなヒントとなることばだと思います。例えば、身辺整理しようと思い本をスキャナーで電子化しながら思うことは、ただ何となくとってある本が多いなということです。いつかまた見直すかもしれないと思いながら一度読んだきり二度と開いてない本も結構あります。とすると、インプットとするだけではなく、それを何らかの形でアウトプットしておくことが大事かと考えます。抜書きなのか、感想文なのか、それを踏まえた自分の意見をまとめておくことなのか。そういったアウトプットを形としてコツコツと積み上げていくことが、自分の成長につながるものかなと感じています。「何かを表現しよう」というのが一つのキーワードになりそうです。

« 志賀高原 | トップページ | 女子バレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプットとアウトプット:

« 志賀高原 | トップページ | 女子バレー »