« 現代史 | トップページ | TSUTAYA #2 »

「二つで十分ですよ」

 ブレードランナーをDVDで見ました。今頃?って感じですが、ずっと気になっていた映画です。1982年ですか。今から30年弱前。ロスアンゼルスの3rdかどこかのトンネルで撮ったとおぼしきシーンがありますね。ターミネーター2でも使われてました(違うかもしれませんが)。
 いやしかしこれはディープな映画ですね。おまけに5つもバージョンがあるということで、訳が分かりません。「強力わかもと」のCMが大スクリーンに何度も出てきたり、スシマスター(?)とハリソンフォードが何故か日本語と英語でやりとりしたり、ゴルフなんとかという日本語の看板が出ていたり、おまけに中国だか日本だか分からないアジアンテースト。何でしょうねこれは?って感じ。と言いつつもっとディテールを注意して観ていきたい映画でした。細部にものすごく凝ってる。熱狂的なファンがいるというのも理解できます。(ヒマナイヌの川井拓也氏もその一人のようですね。)いやまいったまいった。まあ、元気の出る映画ではありませんけど、映画はやはりあなどれません。

|
|

« 現代史 | トップページ | TSUTAYA #2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

リドリー・スコットの描くアジア風は独特ですよね。Black Rainは大阪ロケの映画でしたが、日本とは思えない近未来的な映像でした。

ブレードランナーは私もブルーレイを持っています。

bigeast様

個人的にはターミネーター2も結構好きでした。LAで暮らしていた時に何回もビデオで観ました。見慣れた風景がそこここに出てました。

mizuki sasaki

投稿: bigeast | 2010年10月24日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/37351234

この記事へのトラックバック一覧です: 「二つで十分ですよ」:

« 現代史 | トップページ | TSUTAYA #2 »