« TOKYO 0円ハウス0円生活 | トップページ | 現代史 »

アバウト経済学

「歴史や民俗学、心理学などが入った新しい経済学の名前には『アバウト経済学』などの名前をつけたらどうだろう。玄人でも素人でもないが、世間をよく分かっていて大づかみに比較ができる人がやる経済学の意味である。」

「近代病の一つは客観性の偏重で、主観の価値が消えるのが困る。・・・近代病は人間の自由を殺す。近代人になると人生に充実感がなくなる。生きる喜びがなくなって収入とか地位とか客観性のあるものばかりを集めて喜ぶことになる。」

「私たち日本人が持っている暗黙知は表現しえない。まずは、自分の心の中を日本語で探して、自身の暗黙知を確認し、それを日本語でいえばよい。外国人にはわかるはずがないのだから、外国語に翻訳しようと思わないことだ。」

日下公人「デフレ不況の正体」より

|
|

« TOKYO 0円ハウス0円生活 | トップページ | 現代史 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近読んだ「世界がわかる石油戦略」という本は面白かったです。

・石油価格はなぜ乱高下するのか
・イラク戦争の目的とは
・ロシア、中国の動向
・アメリカの新エネルギー政策
・日本のとるべき石油戦略

地政学的な要素もあり、世界経済、政治の見方も資源、食料などの動きで見ると、全く違ったものになることがわかりました。

bigeast様

Amazonでオーダーしておきました。

mizuki sasaki

投稿: bigeast | 2010年10月17日 (日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/37277023

この記事へのトラックバック一覧です: アバウト経済学:

« TOKYO 0円ハウス0円生活 | トップページ | 現代史 »