« See you when I see you. | トップページ | アバウト経済学 »

TOKYO 0円ハウス0円生活

「・・・鈴木さんは『工夫して暮らす』ことがとても面白いからこの生活をしていると言っていた。そして、コンクリートの家には住みたくないとも言っていた。人がこういうふうに集まるのはここしかないとも言っていた。これらの言葉は、金銭的な価値を基準にした生活ではなく、人間的な生活を送るために0円生活をやっているというようにも取ることができる。都市というところは、その中間が存在しないところなのかもしれない。人はどちらかを選択しなければいけないのだろうか。」  坂口 恭平「TOKYO 0円ハウス0円生活」より

|
|

« See you when I see you. | トップページ | アバウト経済学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も宵越しの銭は持たねえ的な生き方には憧れますが、さすがに全くという訳にも行かず、野暮な暮らしをしているのかもしれません。

bigeast様

バランスの問題になりますね。

mizuki sasaki

投稿: bigeast | 2010年10月17日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/37276343

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO 0円ハウス0円生活:

« See you when I see you. | トップページ | アバウト経済学 »