« SNOWPEAKのコレール皿 | トップページ | See you when I see you. »

TSUTAYA

アメリカで勤務していた時なので15年以上も前だと思うが、新聞に増田宗昭氏の記事が連載で出ていて、面白いおっちゃんだなと思いスクラップにした記憶があります。増田氏は言わずとしれたTSUTAYAの創業者ですが、その後も衛星放送事業に手をつけたりと精力的に活動した人ですね。山あり谷ありとはいえ、TSUTAYAは今もみずみずしいビジネスモデルで業界をリードしています。TSUTAYA DISCASも今の時代にフィットした面白いビジネスと感心します。「空からふってくる映像」はビジネスとしてはうまくいかなかったようですが、ネットでリアルなDVD、CD等を注文すると郵便で宅配してくる。見終わったらまた同じ封筒で送り返す。返却が確認されると、あらかじめ登録しておいたリストに従って次のDVDを送ってくる。気になるタイトルがあったら忘れずにリストに登録しておけば、自動的に手もとに送られてくるというプロセスは「手間いらず」のライフハックになります。封筒でDVDを送ってしまうというアイデア。封筒もミシン目に沿って開封し、2番目のミシン目を切れば返信用封筒に早変わりという工夫。恐れ入ります。TSUTAYAは増田カンパニーと聞いていますが、彼が健在な間はまだまだ何かやってくれそうな会社です。

|
|

« SNOWPEAKのコレール皿 | トップページ | See you when I see you. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

多分、スター・ウォーズのジェダイのコンセプトも、燃えよドラゴンのカンフー・マスターの影響はあったのでしょうね。

正しい閃きを得るためには、そんためのインプットも必要だと思います。

bigeast様

インプットとアウトプットの関係を考えるとなかなか面白いですよ。

mizuki sasaki

投稿: bigeast | 2010年10月17日 (日) 23時08分

ベンチャーのビジネス・モデルって中々難しいですね。アイディアだけでなく、それをビジネスとして成立させるためのスキルも必要だと思います。

bigeast様

自分でビジネスをできないかといろいろ考えてみても、大抵誰かがどこかでやっていますね。勤め人であれば、自分の今やっている仕事が黒字だと思えなければ会社をやめるはという表現もありますが、経験とスキルを磨くなかで、あっこれなら自分でもやっていけそうだというタイミングがあるのかもしれません。Don't think. Feel! といった要素もありそうですよ。

mizuki sasaki

投稿: bigeast | 2010年10月17日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/37263621

この記事へのトラックバック一覧です: TSUTAYA:

« SNOWPEAKのコレール皿 | トップページ | See you when I see you. »