« 次の時代 | トップページ | 東京における放射線に関する頭の整理 »

基準の変更

福島第一原発の現場作業員の被曝量上限値が引上げられました。状況が好転しないことへの対処です。
一方で国際放射線防護委員会(ICRP)は、原発事故などが起きた後に周辺に住む人の年間被曝(ひばく)限度量について、2007年の勧告に基づき、1~20ミリシー ベルトの範囲が妥当とする声明を発表しました。日本の現在の基準は、一律に1ミリシーベルトで、福島第一原発事故の影響が収まっても、放射能汚染は続く可能性が あると指摘し、汚染地域の住民が移住しなくてもいいよう、日本政府に配慮を求めたということ。専門的な領域ですが、直感的にはこれは本末転倒ではないでしょうか。これまで十分議論されて設定されている基準を簡単に変更していいものかという疑問が残ります。残念ながらこの地域は長く立ち入り禁止にならざるをえず、それを前提に大きなプランを考えるということではないかという気がします。

被曝限度量の上限緩和提案
作業員の被曝量上限引上げ

|
|

« 次の時代 | トップページ | 東京における放射線に関する頭の整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/39382278

この記事へのトラックバック一覧です: 基準の変更:

« 次の時代 | トップページ | 東京における放射線に関する頭の整理 »