« 何が何でもハッピーエンド | トップページ | 普段からの心構え#3 »

2011年4月13日 (水)

ハブテトル ハブテトラン

中島京子さんの「ハブテトル ハブテトラン」を読みました。不登校になった小学校五年生の星野君が二学期だけお母さんの故郷の広島の学校に行く話です。私の両親も広島出身なので、登場人物の広島弁がなつかしく楽しく読みました。中でも祖父母の幼馴染のハセガワさんの破天荒なキャラクターに何とも言えず惹かれます。現地の学校の同級生の女の子オザヒロもいい味を出してます。久しぶりにさわやかな気分になりました。

ハブテトル ハブテトラン

« 何が何でもハッピーエンド | トップページ | 普段からの心構え#3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハブテトル ハブテトラン:

« 何が何でもハッピーエンド | トップページ | 普段からの心構え#3 »