« 2位じゃダメなんでしょうか | トップページ | 総選挙? »

選手の自覚

 新聞はさほど細かく読む方ではないが、日経のスポーツ面に豊田泰光さんが書いている「チェンジアップ」は興味深く読んでいる。数日前の「お仕着せより選手の自覚」という記事もなかなか味わいがあった。
 曰く「首脳陣の指導と、現役同士の語らいには決定的な違いがある。選手時代が過去のものになった人の言うことにはたまに『できもしないこと』が含まれるのに対し、現役組の話は自分でも実践していることがベースで『やろうと思えばできること』ばかりだ。結論的には同じようなことでも、コーチの話を『またできもしないこと言ってらあ』と思いながら聞くのと、仲間の話を『オレでもできそう』と思いながら聞くのでは取り組み方がまるで違ってくる。自分の頭で物事を考えるようにもなる。・・・プロは単純な理屈で成り立っている。働けなければ自分がこの世界から消えていくだけだ。誰のせいだといっても始まらない。そのおきてを自覚することが、貧打解消の第一歩ではないか。」
 年をとっても、自分の頭で物事を考える現役でいたいものだ。

|
|

« 2位じゃダメなんでしょうか | トップページ | 総選挙? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/40362649

この記事へのトラックバック一覧です: 選手の自覚:

« 2位じゃダメなんでしょうか | トップページ | 総選挙? »