« 「通貨」を知れば世界が読める | トップページ | 選手の自覚 »

2位じゃダメなんでしょうか

 木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」の中で、イネの苗をいろいろな条件で育てる実験を小さなポットで行うという箇所がありました。普通に田んぼでテストしていると1年かかるのが、その方法だと数カ月で結果が分かるのだそうです。
 スーパーコンピューターの演算速度を高めることに世界がやっきになっている理由の一つに、複雑なシュミレーションの計算時間を短くするということがあると聞きました。いろいろな前提に基づく仮説について、従来何年もかかっていた計算をほんの短い時間でやってのけてしまうといいます。それによって、各分野の研究が飛躍的に進んでいるのだそうです。超高速のトライアルアンドエラーが可能となるコンピューターの世界。奥が深いです。

|
|

« 「通貨」を知れば世界が読める | トップページ | 選手の自覚 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/40355514

この記事へのトラックバック一覧です: 2位じゃダメなんでしょうか:

« 「通貨」を知れば世界が読める | トップページ | 選手の自覚 »