« 義経千本桜 | トップページ | そろそろ底が抜けるのかな »

2011年8月 2日 (火)

個人の時代#2

7/23の「個人の時代」の記事で、スティーブ・ジョブスのインタビュー記事を紹介しましたが、その後、以前読んだ大前研一、柳井正の「この国を出よ」を何気なくパラパラめくっていたら、柳井氏が「『何を売りたいか』ではなく『顧客は何を求めているか』」と強調しているので苦笑してしまいました。「この人は多分特に服が好きという人ではないんだろうだな」という印象ですね。物づくりと経営は違うということではあると思いますが、個人的にはやはり物作りへの情熱をモチベーションの起点にしたいように思います。柳井氏なら「売れない物を作ることは意味がない」と言いそうですが、自分がほしいものを追求すると、それが皆があこがれるものになるというのがベストですね。飯が食えているというのが先ですが。

« 義経千本桜 | トップページ | そろそろ底が抜けるのかな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人の時代#2:

« 義経千本桜 | トップページ | そろそろ底が抜けるのかな »