« 上海の変化 | トップページ | ブログを書く »

林家たい平独演会

 長女のお友達にチケットをいただき、林家たい平の独演会に行ってきました。会場は「なかのゼロ」小ホール。演目は最初に古典落語「らくだ」、休憩をはさみ弟子の林家あずみさんの話の後にこれも古典落語の「宿屋の富」。
 独演会という形式の落語は初めて聞きましたが、一席15分とか20分程度しか時間のない寄席と違って時間が十分とってあるので一つ一つの落語をじっくりと聴けるという点で大いに楽しめ、いいもんんだなあと思いました。特に「らくだ」は熱演で、夕食を食べずに会場に入ったので、屑屋が酒を飲む場面では思わずおなかがなってしまいました(笑)。話としては火葬場でのサゲまでは行かず、酒が入って形勢逆転した場面で終わっていましたが、十分まとまりのある話になっていました。林家あずみさんは昨年から弟子入りした方のようですが三味線をひきながらの華のある漫談を披露していました。最後の「宿屋の富」も最初のほら話、湯島天神での人々の描写をていねいに話して会場をわかせていました。 
 落語もこういった独演会や一門会といったイベントもいろいろ行われているようなので、少しずつのぞいてみたいなと思いました。

|
|

« 上海の変化 | トップページ | ブログを書く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/42169179

この記事へのトラックバック一覧です: 林家たい平独演会:

« 上海の変化 | トップページ | ブログを書く »