« 入出国カード | トップページ | 快速 »

三丁目の夕日

 「Always三丁目の夕日」シリーズの第三作目が今日から公開されているようです。この映画、一作目と二作目はヒットしてから随分たってからDVDを借りて見たのですが、いろいろ印象的な場面がありました。 
 日本橋の上で薬師丸ひろ子が「どんどん変わっていくのね」(少し言葉が違っていたかもしれませんが)というシーン。日本橋と言えば、真上を高速道路が走る高度成長期の無計画な都市整備の象徴のような印象があるのですが、この映画の中で、「この橋の上を道路が通るんだぜ」と一平が淳之介に言うセリフが心に残っています。淳之介が未来の都市として書いた絵に、空中にパイプのような道路が張りめぐらされ、その中を未来の自動車が行き交っているものがあり、それと重ね合わせた子供どうしの会話なのですが、なるほど、今見ると醜悪そのものの景色なのですが、当時はそんな希望にみちた気分が日本にあったのかな等と思いました。何事にも歴史や経緯があるのだということですね。

|
|

« 入出国カード | トップページ | 快速 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/43821827

この記事へのトラックバック一覧です: 三丁目の夕日:

« 入出国カード | トップページ | 快速 »