« 気分転換 | トップページ | 訴求力 »

文章のクオリティー

 伴美喜子さんという方の「マレーシア凛凛」という本を読みました。マレーシアの生活について何か適当な読み物がないかなと探していて、たまたま見つけた本だったのですが、長年の現地生活を通じて体験したいろいろな話題を暖かい視線で綴ったエッセイで好感を持ちました。
 文化、宗教、政治、経済と幅広い分野について、マレーの人達との豊富な交流を通して感じたり考えたりしたことを誠実な文章で表現しており、巷にあふれる「マレーシアは物価が安くて、ゴルフ三昧」うんぬんの軽い情報とは一線を画す内容でした。
 著者はクアラルンプール日本文化センター副所長をつとめ、帰国後退職して個人ベースでマレーシアに戻り、マレーシア国民大学で日本語教師をつとめるといったキャリアの方だそうです。高島俊男さんや京須偕充さんもそうですが、言葉を大事にしている人の物の見方、考え方は独特の深みがあって毎回新しい発見があります。(自分自身がこの手の内容が好きという傾向もあるかもしれませんが。)
 マレーシアに関する情報はえてして「気候がよくて物価が安く、ゴルフが手軽にできる」といった類のものが多く、胸を打つものをあまり見かけないのですが、本書のように地に足をつけた落ち着いた文章と、ある意味人生を見つめるような視点から綴られた内容を読むとホッとすると同時に、情報発信のクオリティーというものに改めて思いを馳せるきっかけを与えてくれたなと思いました。

|
|

« 気分転換 | トップページ | 訴求力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/43998036

この記事へのトラックバック一覧です: 文章のクオリティー:

« 気分転換 | トップページ | 訴求力 »