« 既成権力者の崩壊 | トップページ | ノマドライフ »

2012年3月20日 (火)

シンプル

 Facebookのニュースフィードに流れていた小山龍介さんの記事で紹介されていた鉄拳のパラパラ漫画「振り子」を見ました。作者はプロレスラー〜俳優〜吉本のお笑い芸人という異色の人物のようですが、この作品を見る限り、並々ならぬ才能を感じます。
 この作品をきっかけとしてYouTubeでいくつかパラパラ系の投稿を見てみましたが、パラパラ漫画の奥の深さを改めて認識しました。考えてみると、アニメも原理的には同じなのだと思いますが、アニメほど大掛かりでなく、一人の人間が描いた数百枚から千枚くらいの簡単な絵から紡ぎだされる数分の荒削りな映像がこれほどのインパクトを与えることができることに驚きを覚えます。それと、画像とマッチした音楽の効果がすごく大きいことも再発見しました。この辺、こういったジャンルには日本人の感性と可能性、まだまだあるなあ等とあれこれ考えたりして、一つ新たな引き出しが頭の中にできました。

 


振り子 

« 既成権力者の崩壊 | トップページ | ノマドライフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンプル:

« 既成権力者の崩壊 | トップページ | ノマドライフ »