« 書くこと | トップページ | ハーフクリップ »

本の整理

 家にあった本を大量に処分した。ブックオフに1000冊以上渡しただろうか。これまでにも少しずつ整理しょうとしていたが、ここまで思い切ったのは始めて。一応ザッと中身は見たが、よほど思い入れのある本以外は思い切って手放してしまった。いつかは読もうと思って大事にとっておいたものも多いが、何十年も置いてあるだけのものはこれからも読まないかもしれない。一度リセットしてしまおうと思ったのだ。
 整理しながら、昔の本をパラパラと読むのもなかなか楽しいものだ。ああこんなこともそう言えば読んだねと思い出すことも多かった。

 「・・・次はどんな人が新しい主役になるのかが問題だが、会社の新規採用にはあまり期待がもてない。会社は自分が使いやすい人を採用するだけだからである。そこで話はベンチャー待望論になるが、独立して火中の栗を拾う人は少ない。日本人はみな幸せになったからだが、それでも少しはいる。技術系の人、外資系の人、文化娯楽産業の人、趣味を追求する人、ボランティアの人、それから海外から流入してくる人などである。この人たちの新活動が日本経済再生の原動力になっているが、今後はこれをどの程度奨励するのか、規制するのか、が、”景気回復”の鍵になる。」日下公人「男性的日本へ」
「これならわかる簿記・経理」という本も大変わかり易く、これは逆に今年就職した娘にもう一冊買ってやろうと思ったら、もう販売されていなかったので、アマゾンの中古品をオーダーしてしまった。等々。
 こうして思い切って整理してみると、あまり普段の生活には影響がなさそうである。家の中がすっきりして身軽になった。「生活をシンプルに、身軽にする」というのは今年の私のテーマの一つなのだ。

 

|
|

« 書くこと | トップページ | ハーフクリップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/45425741

この記事へのトラックバック一覧です: 本の整理:

« 書くこと | トップページ | ハーフクリップ »