« ずっと休肝日 | トップページ | 電子機器 »

おんぼろバス

 今回はKL郊外のコンドにずっと滞在して、市内には全然でかけていないので、交通機関は周囲を循環しているミニバスだけを数回利用した程度です。後は歩いていける距離にショッピングモールと地元商店街があるので、全て事足りています。
 ミニバスといっても、何十年走ってるんだろうという超骨董品的なバスです。メルセデス・ベンツというロゴが入っているのですが、スピードメーターが無い、あるいはあっても動かない状態で、時刻表も停留所もありません。一応、普段停車する場所が決まっていて、地元の人はそこになんとなく集まっているという感じです。値段は1MYR(約26円)。
 市内のコミューターとかモノレールに乗っても数区間であれば1から3MYRぐらいなので楽です。LCCTから市内までのシャトルバスが8MYR、タクシーだと70MYRくらいです。それでも2000円くらいですから、日本と比較するとかなり割安な感じがします。電化製品や外国製品はほぼ日本と同じくらい。インターナショナルスクールの学費も日本の市立中学、高校と同じくらいの水準でしょうか(これはピンキリで、すごく学費が高い学校もあります)。
 普通の生活をしている限りは、そこそこ物価は安いなという感じです。日本で言われているように日本の3分の1という感覚ではありませんが。

2
ミニバスの運転席。最低限運転に必要なもの
だけがついています。というより、ハンドル、
アクセル、ブレーキがかろうじて効いていると
いう感じ。

|
|

« ずっと休肝日 | トップページ | 電子機器 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/46794794

この記事へのトラックバック一覧です: おんぼろバス:

« ずっと休肝日 | トップページ | 電子機器 »